アイコン 新コロナ 動物園最大のピンチ 殺処分ほかの動物の餌に

 

スポンサード リンク
 

新コロナウイルス対策のため休園中の動物園が窮状に陥っている。
ドイツ北部ノイミュンスターの動物園は「最後の手段」として、園内の動物の一部を殺処分して、別の動物の餌にすることを検討せざるを得なくなったと明らかにした。

ノイミュンスター動物園は100種類以上の動物700匹あまりを飼育している。園長がドイツ通信に語ったところによると、同動物園ではコスト削減のため、安楽死させる動物をリストアップして順序を付けた緊急対策の草案を作成した。

安楽死させる候補の筆頭にリストアップされた動物は不明だが、一番最後の候補としてホッキョクグマの「ビトゥス」が掲載されている。

園長はドイツ通信に対し、「最悪の場合、餌を調達する資金がなくなれば、あるいは業者が新たな制限のために餌を供給できなくなれば、動物たちを殺処分してほかの動物の餌にするだろう」と述べ、動物たちを餓死させるよりは、安楽死させる方を選ぶと語った。

ノイミュンスター動物園はドイツで3月15日から始まった封鎖措置のために入園料収入が確保できなくなり、現在は寄付のみを頼りに存続している。

ドイツ政府は世界でも最大級の経済支援を打ち出しているが、動物園が補助金の対象になるかどうかは分からない。

ドイツ、スイス、オーストリア、スペインの動物園56園でつくる業界団体はドイツのメルケル首相に対して、1億ユーロ(約117億円)の緊急援助を要請。動物園の多くは絶滅危惧種の保全を目的とした繁殖活動に参加しており、そうした種が失われれば、保全活動は壊滅的な状況に陥りかねないと訴えている。
以上、CNN参照


0417_04.jpg

[ 2020年4月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産