アイコン 抗体地域調査 スタンフォード大と南カルフォルニア大が別々に検査 感染は50倍以上

 

スポンサード リンク
 

米スタンフォード大学の研究者らは17日、カリフォルニア州シリコンバレーの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の実際の感染者数は、公式集計の少なくとも50倍に上るとの予備調査結果を明らかにした。
研究者らはフェイスブックを使用して、シリコンバレーのほとんどが位置するサンタクララ郡からボランティア3300人を募集。住民から採取した血液サンプルでウイルス抗体を検査した。

その結果、全人口の2.5%から4.1%が感染していることが推定されるという。
これは確認された感染者数の50倍から85倍に当たる。
サンタクララ郡では(調査終了の3日前の)4月1日までに、4万8000人~8万1000人が感染していたことになる。同郡で4月1日時点に陽性と確認された感染者数は、956人だった」と指摘している。

また、カリフォルニア州ロサンゼルス郡は20日、新型コロナウイルスの実際の感染者が、確認されている人数の28~55倍に及ぶという調査結果を発表した。

郡と南カリフォルニア大学は、住民の抗体検査を継続的に約1000人ずつ実施しており、第1陣となる今月10、11両日の検査結果から推計した。

それによると、郡内の成人の4.1%が抗体を持っており、既に22万1000~44万2000人が感染していた可能性があるという。当時、確認されていた感染者は約8000人だった。
郡は「従来考えられていたよりも、感染がはるかに広がっており、致死率は大幅に低いことを示唆している」と指摘した。
以上、

日本はカルフォルニア州より先に感染が広がっており、実際は100倍の可能性もある。
ただ、大阪の兄ちゃんが言うような集団免疫による収束を論じるには国民の6割が感染する必要があり、それにはあと7400万人が感染する必要がある。

厚労省が発表した4月12日までの年代層別感染者分析を当てはめると、うち2割の1500万人が70歳以上の高齢者、そのまた2割の300万人が高齢者の重症者、その半数の150万人が死亡することになる。1年以内、ひょっとすると半年以内に死亡することになる。・・・集団免疫論はそうした危険性をはらむ。
大量感染検査、感染者隔離方式に切り替えない限り、ワクチンが開発されるしか日本の救いようはなくなる。10万円持って三途の川はいただけない。

[ 2020年4月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産