アイコン 感染入院待ちの自宅待機中50代死亡 埼玉県は異常地帯

 

スポンサード リンク
 

新コロナに感染し、軽症だとして自宅待機中だった埼玉県白岡市の50代の男性が死亡した。
埼玉県内では病床がひっ迫していることなどから、感染が確認された人の半数以上に当たる370人が自宅での待機を余儀なくされている。

独身の50代の男性は今月11日に38.6度の発熱、味覚異常、咳などを訴え、2日後の今月13日に肺炎の症状が出たためPCR検査を受けたという。

その結果、今月16日に感染が確認されたが、軽症だとして入院できる病床が空くまで自宅で待機することを余儀なくされていた。

21日午前9時すぎ、男性の父親が、連絡が取れないことから男性の自宅を訪ねたところ倒れているのを見つけ、搬送先の病院で死亡が確認されたという。
男性の死因は、新型コロナウイルスによる肺炎とみられるという。

埼玉県内では新型コロナウイルスで今回の男性も含め16人が死亡しているが、県は遺族の意向などを理由に入院していたかどうかや、死亡に至る経緯について明らかにしていない。

埼玉県内では病床がひっ迫していることなどから、20日までに感染が確認された676人のうち半数以上の370人が自宅での待機を余儀なくされている。
以上、報道参照

埼玉県ではこのままでは・・される。
埼玉県の感染擬似者はほかの県で感染検査を受けた方が・・・、命あっての世の中。
・軽症者が急変することは以前から山のように報告されていること。
CTで肺炎の兆候がなければRCR検査を受けられないなど、日本は異常すぎる。
肺炎の兆候が出ているにもかかわらず、入院させず、当局関係者がフォローアップもせず自宅待機させ今回の事態。

大野知事は何してんのか、ホテルなり、研修所なり、汗を流して隔離施設を見つけ出す作業を自ら行っているのか、官僚上がりで人がアゴで動くと思ったら大間違い。百年・2百年に一度の疫病を前にして、力不足なら辞めて副知事にでも知事職を担当させたらよいだろう。
先般も保健所長の独断で感染検査を病院の都合上、選別検査を強化していたと報道させていた(厚労省は4月20日、追認するかのように、感染者の濃厚接触者など、症状がない場合、後ろ向きの感染検査はするなと通知している。特に13都道府県に。厚労行政においてもう世も末じゃ)。

韓国でも無発症感染者や軽症感染者を、一時自宅隔離していたが、地方公務員1人がこうした自宅隔離の感染者1名を管理している。毎日、2回の電話で健康状態と許可なく外出などしていないかチェックしている。連絡が取れなかったり、位置情報で許可なく外出したりしていたら、警察に通知し、警察が動くようにしている。当然、罰金制度もある。当然、健康上異常事態に陥った場合は、当局へ通知することになっている。
韓国では全国統一基準だ。マニュアル一つで可能だ。
韓国でできてなぜ日本でできない。できない御託を並べるより、まずやれや。

リーダーシップのない知事では新コロナウイルス戦争には勝てない。
もうほとんど負け戦状態。


スクロール→

新コロナ 42212時現在/厚労省

国内感染者

11,350

100.0%

 無症状感染者

660

5.8%

 有症感染者

7,050

62.1%

 確認中

3,640

32.1%

 

要治療者(感染隔離者)

9,740

100.0%

 (現在感染者率)

 

(85.8%)

 うち軽症・無症(自宅・施設隔離含む)

4,941

50.7%

 うち中等症(要酸素)

0

0.0%

 うち重症以上

241

2.5%

 うち症状程度確認中

589

6.0%

 うち入院待機中(自宅待機)

329

3.4%

 うち症状確認中

3,640

37.4%

退院

1,424

(12.5%)

死亡(致死率)

264

(2.33%)

・クルーズ船の退院者645人と死者13人除外

・合計人数は上と下とでは合致しない(厚労省)

・重症者の定義を人工呼吸器以上+ICUとしている。

・厚労省は中等症を軽症に入れようとし区別していない。

・軽症者を施設隔離する方針だが、無発症者も含め自宅隔離だけは避けなければならない。

・現在感染者率が50%を割り込めば収束過程と判断される

 

[ 2020年4月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産