アイコン アベノマスク4社目 得体の知れぬ(株)ユースビオ  またややこしくなってきた

 

スポンサード リンク
 

厚労省は、こともあろうに安倍首相に泥を塗った汚れマスク騒動を起こし、また4社に発注しながら3社しか公表せず、残り1社を謎々にしてしまった。
しかし、いつまでも謎にできるわけでもなく、菅官房長官は27日、4社目は福島市の「株式会社ユースビオ」だったことを発表した。
ところが、(株)ユースビオは福島市西中央5-54-6に所在しているものの実体不明、せめて縫製業か、繊維に関連した企業であって欲しいものだ。
同じ所在地にはいろいろな会社が所在しているという話もあるが真相不明。変更登記がなされているようで閲覧も不能だとか・・・。

同じ所在地ではこんな会社もあったようだ、

2018年2月23日の毎日新聞・地方版によると、
仙台国税局は(2018年2月)22日、消費税約3100万円を免れたとして、電気通信機器修理業「樋山ユースポット」(福島市西中央5-54-6)と、同社の樋山茂社長(56)を消費税法違反(過少申告ほ脱)などの疑いで福島地検に2017年12月19日付で告発したと発表した。
国税局によると、同社は従業員に支払った給与を、他の会社への外注費と偽装。偽の外注費分の消費税を、国などに本来納めるべき消費税から差し引く手口で、2016年3月までの4年間で消費税計約3100万円を免れた疑いがある。
以上、ユースビオと無関係だろうが・・・

過去の役員や全履歴がわかる全部謄本で、いろいろわかるだろうが、3社が中国や東南アジアで作らせたマスクの一部を同社扱いにしたのではあるまいか。
ユースビオさんの実体もいずれ文春さんが記事にすることだろう。

日本の歴史上、国が直接発注し国民に配布する商品に、汚れた商品を納品する企業など前代未聞、国もここまで地に落ちたとは。
そのうえ返品で終わらせ、今後、正規品を納入させて、支払いもするというお人よしさ。

 

[ 2020年4月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産