アイコン 福岡・茨城・愛知、岐阜も解除へ 石川県は制御能力ないだろう

 

スポンサード リンク
 

政府は、緊急事態宣言について、重点的な感染拡大防止が必要な特定警戒都道府県のうち、茨城と岐阜に加え、愛知や福岡も解除の対象とする方向で調整に入った。また、京都についても、隣接する大阪の状況などを踏まえて最終的に判断する方針。

緊急事態宣言について、政府は、直近1、2週間の人口10万人当たりの新たな感染者数などを踏まえ、今月末の期限を待たずに宣言を解除する地域の調整を進めていて、14日、専門家会議を開く予定。
これまでの検討の結果、特定警戒都道府県以外の34の県すべてで宣言を解除する方向となっている。
石川県についても解除について検討する予定。
以上、

石川県は検査件数も少なく、新コロナに対する抑制能力がないと見る。解除すれば、減ってきている福井県や富山県にも影響してしまおう。
東京のお客さんいらっしゃいでは・・・また集団感染が発生する可能性すらある。
全国での感染検査数がまったく増加していない。東京や大阪では陽性確率を制限解除条件にしており、増加させたら一方的に確率は下がり、条件の意味がなくなり、増加させる予定もないだろう。
ただ、緊急事態宣言効果で発生数が大幅に減少しており、収束から終息へ向かわせるためには、ステルス感染者や症状がある人などを最大限PCR感染検査し、隔離する最後のチャンスになるかもしれないが・・・。
まだ若いお相撲さんが亡くなったが、保健所はお相撲さんが4日以上熱が続いておらず、感染検査をしてくれなかったという。
保健所は専門家会議と厚労省による厳しい感染検査指針を忠実に実行していようが、厚労相は指針であり、裁量権は自治体にあると保健所の責任にしてしまった。その結果、お相撲さんは死亡した。もはや人災の領域に達している。

若い人たちの感染は非常に多いが無発症・軽症でほとんどが生還する。しかし、そうした人たちが高齢者に感染させ、重症化させ、高齢者の重症化率も死亡率も異常に高い。重症者が減った分、死亡者が増加し続け、生還確率も下がっている今日この頃。

専門家会議はマスコミに対して医療崩壊と大騒ぎさせたが、重傷者のピークは5月1日であり、全国で328人しかいなかった(厚労省発表値)。
東京は逼迫しているというが、3月23日まで五輪漬けで新コロナに対する事前準備ができていなかったことによるものだろう。感染者の発生件数すら間違えるなどローテク首都の小池自治体。1390万人首都、人口比では世界で類を見ないほど検査数が圧倒して少ない。
東京が新コロナを封じ込めるには、緊急事態宣言を繰り返すしかないのかもしれない。7月には都知事選、首相と会いすでに安泰領域に入っている。


スクロール→

発生状況

  

12

11

10

7日間

10日間

全国

16,049

15,892

15,847

675

1,172

 

前日比

157

45

70

 

 

1

東京都

4,987

4,883

4,868

275

510

  前日比

104

15

22

 

 

2

大阪府

1,750

1,744

1,743

64

94

  前日比

6

1

11

 

 

3

神奈川県

1,191

1,176

1,169

70

117

  前日比

15

7

13

 

 

5

北海道

979

966

954

88

156

  前日比

13

12

9

 

 

5

埼玉県

967

966

964

58

81

  前日比

1

2

5

 

 

6

千葉県

880

877

874

22

33

  前日比

3

3

1

 

 

7

兵庫県

694

694

693

20

39

  前日比

0

1

5

 

 

8

福岡県

655

654

654

6

8

  前日比

1

0

1

 

 

9

愛知県

503

502

501

5

13

  前日比

1

1

0

 

 

10

京都府

356

352

352

18

27

 

  前日比

4

0

0

 

 

11

石川県

283

280

278

15

23

 

  前日比

3

2

1

 

 

12

富山県

222

221

221

6

13

 

  前日比

1

0

0

 

 

13

茨城県

168

168

168

0

3

 

  前日比

0

0

0

 

 

14

広島県

165

165

165

0

5

 

  前日比

0

0

0

 

 

15

岐阜県

150

150

150

0

0

 

  前日比

0

0

0

 

 

16

群馬県

147

147

147

1

1

 

  前日比

0

0

0

 

 

17

沖縄県

142

142

142

0

0

 

  前日比

0

0

0

 

 

18

福井県

122

122

122

0

0

 

  前日比

0

0

0

 

 

 

100件以上

 

 

 

小計

14,361

14,209

14,165

648

1,123

 

構成比

89.5%

89.4%

89.4%

96.0%

95.8%

 

その他

1,688

1,683

1,682

27

49

 

構成比

10.5%

10.6%

10.6%

4.0%

4.2%

 

東京+大阪

6,737

6,627

6,611

339

604

 

構成比

42.0%

41.7%

41.7%

50.2%

51.5%

 

7都府県

11,124

11,162

11,133

515

885

 

構成比

69.3%

70.2%

70.3%

76.3%

75.5%

 

6道府県

2,439

2,418

2,403

126

222

 

構成比

15.2%

15.2%

15.2%

18.7%

18.9%

 

13都道府県

84.5%

85.5%

85.4%

95.0%

94.5%

 


スクロール→

20205

12

11

10

00時現在=前日分

国内

感染者数

15,706

15,630

15,581

  当日

50

68

104

検査数

188,646

183,845

180,478

  当日

4,801

3,367

1,435

空港検疫

感染者数

153

153

151

検査数

34,174

33,530

32,949

チャーター帰国者

感染者数

15

15

15

検査数

829

829

829

合計

感染者数

15,874

15,798

15,747

検査数

223,649

218,204

214,256

当日検査数

5,445

3,948

2,259

国内陽性確率

1.0%

2.0%

7.2%

隔離解除者

8,920

8,531

8,293

重症者

243

249

267

国内死亡者

643

621

613

隔離解除率

56.8%

54.6%

53.2%

国内致死率

4.09%

3.97%

3.93%

確認中

246

421

 

現在感染者数

6,065

6,225

6,675

現在感染者率

39.4%

39.4%

42.8%

過去 1週間での陽性率

1.94%

2.62%

3.43%

 

[ 2020年5月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産