アイコン 専門家会議と1ヶ月延期を嫌った政府との駆け引き

 

 

安倍首相は「この1ヶ月余りの皆さまの努力によって、わが国の人口あたりの感染者数や死亡者数はG7(先進7カ国)の中でも圧倒的に少なく押さえ込むことができている」と評価した。

(これにはBCGワクチン接種国とそうでない国との関係や人種的な問題で差が出ているという見方もある。日本型のBCG接種国であるアジア諸国と比較すれば、日本は致死率が4%を超えアジア諸国を圧倒している。但しスラム街感染拡大のフィリピン除く。)

日本の新型コロナウイルス感染症の感染者数は15日午前現在、計1万6915人で、死者は726人(横浜のクルーズ船含む)。米国(感染139万人、死者8万人)や英国(感染23万人、死者3万人)などと比較すると確かに少ないが、日本が新型コロナ防疫に成功したという見方については日本国内でも疑問の声が出ている。

実態把握の基本となる遺伝子増幅(PCR)感染検査が十分に行われていないという指摘が絶えず出ている。

前日の参議院運営委員会では「緊急事態宣言解除対象の39県で速かにPCR検査ができる態勢が確認されたのか」という野党議員の質問に対し、担当相はまともに返答できなかった。
西村康稔経済再生担当相(新型コロナウイルス対策担当)は「PCR検査の態勢がしっかり整っていないといけない。陽性率の低さなども見ていきたい」と答えるにとどまった。これに対し野党は「必要な人に迅速なPCR検査が確保されているとは見なせないことがはっきりした」と指摘している。

安倍首相は経済再生レベルで緊急事態宣言の早期解除という「政治的決断」を下したが、むしろ不安は経済界からも出てきている。諮問委員会に新たに加わった東京財団政策研究所の小林慶一郎研究主幹はテレビ報道番組に出演し「現在目標にしている一日の検査数2万件より検査量を1けた増やさなければいけない」と述べた。
「大量の検査をして感染者を隔離してこそ消費者、労働者が安心して消費し、働くことができる」とし、「(感染者がまた増えて)緊急事態宣言が発令され、経済がストップする状況が繰り返される状況が最も懸念される」と指摘した。

諮問委の議論が経済側に傾くことを期待して追加した経済界の人物からむしろ懸念の声が出てきた。

日本経済新聞も15日、「検査・医療、備え欠く 感染の再拡大招く恐れ」と題した記事で「経済再開を急ぐ他の主要国は、さらなる検査拡大へとアクセルを踏んでいる」と指摘した。
同紙は「(日本の場合)感染検査の目詰まりが残ったままでは感染の有無の把握に時間がかかり、感染者を隔離するのが遅れて、感染が拡大するリスクが高まる」と指摘した。

英オックスフォード大学の研究者によると、10日現在の一日の検査件数(直前3日平均)は人口10万人あたり英国が96件、米国が88件であるのに対し、日本は5件にとどまっている。

安倍首相は4月6日、検査能力を一日2万件まで増やすと述べたが、1ヶ月が過ぎた現在
実際の検査件数は一度も1万件を超えていない。厚労省がホームページに公開した一日の検査件数は11日が5160件、12日が6843件だった。

毎日新聞は緊急事態宣言の解除基準についても政府側と専門家会議の間に意見の違いがあったと伝えた。
当初、専門家会議は地域別に医療体系や能力が異なるため「全国一律的に適用される数値化された基準を提示するのは難しい」という立場だった。
にもかかわらず「数値化」を要求したのは政府側だった。
一部の専門家は「直前の2週間の新規感染者数が10万人あたり0.1人未満」という基準を提示したが、政府側は「直前2週間2人未満」を主張するなど大きな差を表した。結局、双方が少しずつ譲歩して「直前1週間0.5人未満」という解除基準を提示したが、政府の影響が強く作用した。
以上、報道参照

2月の時点で専門・カの専門会会議と金魚の糞が結託して感染検査基準を厳しく制限、厚労省のド官僚は4月20日時点でも、集団感染における濃厚接触者に対する感染検査につき、重症者を優先するようにとオフレを全国の自治体に出し、その際、ほかの濃厚接触者に対する感染検査については「いわゆる後ろ向きの検査」とわざわざ括弧書きして表現するなど、明治・大正時代のお上丸出しの通知を行っていた。それがすべてである。

政府や専門家会議も宣言基準や解除基準を明確に打ち出すべきだろう。このままでは増加するたびに、何回でも宣言に順次宣言を発令するという。
感染検査を10倍に増加させ、感染者を隔離し続けない限り、いつでも増加する可能性が残り、高温多湿でウイルスの感染力が落ちて消滅することを願うか、ワクチン開発までチンタラ感染させ続けることになる。
集団免疫での新コロナ収束では、これから国民の半分を感染させる必要がある。それでは高齢者の多くを姥捨て山に捨てる政治になる。政治家はなぜ感染しないのだろうか。庶民との距離感が感染をもたらさないのだろうか。


スクロール→

世界の感染者数 15日午後4時現在/日本時間/ワールドメーター版

 

感染数

死亡者

現在感染者

←率

致死率

百万人当り検査数

人口

世界

4,527,823

303,438

2,517,979

55.6%

6.7%

 

百万人

米国

1,457,593

86,912

1,052,654

72.2%

6.0%

32,166

330.0

スペイン

272,646

27,321

58,845

21.6%

10.0%

52,784

46.0

ロシア

252,245

2,305

196,410

77.9%

0.9%

42,406

145.0

英国

233,151

33,614

 

 

14.4%

32,713

67.0

イタリー

223,096

31,368

76,440

34.3%

14.1%

46,426

650.0

ブラジル

203,165

13,999

109,687

54.0%

6.9%

3,462

212.0

フランス

178,870

27,425

91,840

51.3%

15.3%

21,219

65.2

ドイツ

174,975

7,928

15,347

8.8%

4.5%

37,585

83.7

トルコ

144,749

4,007

36,712

25.4%

2.8%

17,915

84.2

イラン

114,533

6,854

17,140

15.0%

6.0%

7,678

83.8

中国

82,933

4,633

91

0.1%

5.6%

 

1,439.3

インド

82,103

2,649

51,477

62.7%

3.2%

1,480

1,378.2

ペルー

80,604

2,267

53,186

66.0%

2.8%

17,845

32.9

カナダ

73,401

5,472

31,838

43.4%

7.5%

31,019

37.6

ベルギー

54,288

8,903

31,274

57.6%

16.4%

53,839

11.5

サウジ

46,869

283

27,535

58.7%

0.6%

14,783

34.7

オランダ

43,481

5,590

 

 

12.9%

16,508

17.1

メキシコ

42,595

4,477

9,643

22.6%

10.5%

1,211

128.7

パキスタン

37,218

803

26,260

70.6%

2.2%

1,563

220.3

チリ

37,040

368

21,017

56.7%

1.0%

17,042

19.0

エクアドル

30,502

2,338

24,731

81.1%

7.7%

5,050

17.6

スイス

30,463

1,872

1,491

4.9%

6.1%

37,954

8.6

スウェーデン

28,582

3,529

20,082

70.3%

12.3%

17,590

10.0

ポルトガル

28,319

1,184

23,937

84.5%

4.2%

57,090

10.2

カタール

28,272

14

24,902

88.1%

0.0%

50,074

2.8

ベラルーシュ

26,772

151

18,453

68.9%

0.6%

32,610

9.4

シンガポール

26,098

21

20,104

77.0%

0.1%

38,372

5.8

アイルランド

23,827

1,506

2,851

12.0%

6.3%

52,491

4.9

UAE

21,084

208

13,946

66.1%

1.0%

158,074

9.8

バングラデシュ

18,863

283

15,219

80.7%

1.5%

924

164.4

ホーランド

17,615

883

9,814

55.7%

5.0%

14,645

37.8

ウクライナ

17,330

476

12,381

71.4%

2.7%

4,835

43.7

イスラエル

16,579

265

3,793

22.9%

1.6%

56,258

8.6

ルーマニア

16,247

1,053

6,141

37.8%

6.5%

14,866

19.2

日本

16,120

697

5,555

34.5%

4.3%

1,843

126.5

オーストリア

16,058

626

1,027

6.4%

3.9%

38,290

8.9

インドネシア

16,006

1,043

11,445

71.5%

6.5%

636

273.1

コロンビア

13,610

525

9,727

71.5%

3.9%

3,484

50.8

サウジ

12,739

238

6,825

53.6%

1.9%

6,807

59.2

クウェート

11,975

88

8,436

70.4%

0.7%

54,416

4.2

フィリピン

11,876

790

8,749

73.7%

6.7%

1,732

109.3

ドミニカ

11,320

422

7,547

66.7%

3.7%

4,410

10.8

韓国

11,018

260

937

8.5%

2.4%

14,177

51.2

エジプト

10,829

571

7,632

70.5%

5.3%

1,029

102.0

デンマーク

10,713

537

1,371

12.8%

5.0%

61,833

5.7

セルビア

10,374

224

6,066

58.5%

2.2%

18,623

8.7

・感染者数1万以上の国掲載

 

[ 2020年5月15日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産