アイコン 韓国 GW後 第2波襲来 27日79人発生 物流倉庫で69人感染

 

スポンサード リンク
 

韓国で確認された感染者数は現地時間28日午前00時時点で1万1344人となり、24時間で79人増加した。27日には7週間ぶりに40人発生していた。死者数は269人で変わらず。

GWのナイトクラブで発生した感染関連では7次感染まで拡散され累計で257件に達している。
27日には、ナイトクラブには関係ないと見られる富川市にあるクーパンの物流センターに関連する感染確認件数が69人件発生。
ソウル市や京畿道では単発ながら7教会で感染者が発生している。うち言語聖書研究会関連では12人の感染者を出している。

文大統領がGW前に、「新コロナに勝利した偉大な韓国民、『K-防疫』は世界の目標になった」と宣言した直後のGWは、繁華街や観光地は人で溢れドンちゃん騒ぎ、結果、その後、第2波の感染をみている。韓国民を情報コントロールするのはたやすいようだが、世界や新コロナをコントロールするのは一筋縄ではいかない。

韓国防疫当局は何回もソーシャルディスタンスを取るように注意喚起していたものの、文大統領の一言が偉大で、国民には届かなかった。

規制緩和をしたドイツでも、移民や出稼ぎ労働者が多く、住環境が良くないとされる食肉工場2ヶ所で大集団感染が発生している。

トップが自然界の新コロナウイルスに対して奢り、政治的な発言をすればロクなことはない。米国でもトランプ大統領の要請に応え緩和した州で再び増加している。
新コロナ感染下、企業や国民に対して、手洗い・マスク、ソーシャルディスタンス、可能な限り3蜜回避の防疫体制をとらせた上で緩和しなければ、いつでも第2波・3波は生じる。
自治体当局も感染者が見つかった場合、その人が発症1週間前にさかのぼり、接触者全員に対して、感染させた人を見つけ出すPCR感染検査を行うしか、2波の波を最小化することはできない。

 

↓韓国の第2波(当日00時現在=前日24時現在)

0528_04.jpg

[ 2020年5月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産