アイコン 12日東京25人感染 東京アラート ステップ3解除  逆戻りのステップ0は50人感染が目処

 

 

東京都は最近発表時間が早くなり、それ以降の時間の感染はほとんど出ていない。12日は25人感染している。ステップ3の解除を発表しているが、解除に問題は無い。税金を使った都庁とレインボーブリッジの色が、赤か青かの違いだけだろう。
下手にステップを一段だけ下げれば、再び規制がなされ、票にも影響してくることからない。

東京アラートが発令される基準は
「新規陽性者数」
「新規陽性者における接触不明率」
「週単位の陽性者増加比」
「重症患者数」
「入院患者数」
「PCR検査の陽性者数」
「受診相談窓口における相談件数」
の7項目の状況によって検討されている。

0612_11.jpg

東京都は、今後再び感染が拡大した場合、休業要請の段階的緩和が「ステップ0」へ逆戻りする可能性もあるという。「1日の新規感染者数が50人を超えたらステップ0に戻るという」、但し1日50人は1週間の平均値であり、週間感染者数が350人以上にならなければ、ステップ0には逆戻りしないということ。1週間に計350人は集団感染があちこちで発生しない限りない。
小池都知事は7月の都知事選への出馬表明にステップ3解除を自らのはなむけにした。宣伝効果を計ったのだろう。
小池氏は自民党都議会の確執から自民党本部の推薦は受けないとしている。自民党が対立候補を立てず暗黙の推薦、安倍首相に配慮したものと見られる。


 

[ 2020年6月12日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産