アイコン 東京都知事選22人立候補

 

 

前回2016年7月31日の都知事選では、291万票獲得した小池百合子現都知事が圧勝したが、東京五輪が新コロナに負け一応延期状態、世界の感染者数はまだ拡大し続けており、延期開催できるか、すでに縮小開催まで模索されている。

そうしたマイナスがある中、都民は小池氏にどこまで委ねるか、自民党は必殺仕掛け人の二階幹事長と小池都知事、安倍首相と小池都知事の会談で候補者見送りを決定、前回、増田寛也氏が獲得した179万票が小池氏の視野に入り、絶対有利は動かない。

台風の目となるのは、浮動票狙いの若い山本太郎氏、ただ、立候補表明が遅すぎ、インパクトは半減している。新コロナにより得意の辻説法も不発弾。

もう一つの台風の目は若い小野氏だろう。維新が支援しており、人気者になった吉村府知事が積極的に応援すれば2番手争い、ひょっとしたら・・・。東京都の自民党は小池憎しの人たちもいっぱいおり、小野氏に流れればその勢いから風をふかす可能性もある。

宇都宮氏はいくら頑張っても100万票、100万票では勝てない。安倍首相に賃上げしてもらう組合のご加護を受け教条主義の立憲の衰退とともにその数を大きく下回る可能性すらある。

新コロナでは政府批判が相次いだが東京都知事は狸、逆に評価されているから七不思議。

7月5日の投開票、自民党票を加え小池都知事がどこまで票を伸ばすか注目される。

0623_03.jpg

[ 2020年6月23日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産