アイコン ユニクロ柳井会長100億円寄付、中山iPS教授と本庶佑オプジーボ教授の研究に

 

スポンサード リンク
 

「ユニクロ」の運営会社ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は24日、ノーベル医学・生理学賞受賞者で京都大の山中伸弥、本庶佑両教授の研究に10年間で50億円ずつ寄付すると発表した。

山中教授は再生医療に用いる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作る施設を建設する。

柳井会長からの寄付のうち45億円をこれらの事業に充て、残り5億円はiPS細胞を用いた新型コロナウイルスの病態解明やワクチン開発に用いる。

一方、がん免疫治療を開発した本庶氏の研究を支援するため、京大に「柳井基金」を設置。寄付金の全額を基金に充当する。本庶氏は特許料など1000億円を基金として積み立て若手研究者の育成資金に活用するという。

しかし、国の薬価基準が大幅に下落し続け、小野薬から入る特許料も少なくなり、当初の特許契約に基づき小野薬が違反しているとして、契約違反を盾に小野薬を訴えたものと見られる。

日本の若手経営者で成金饅頭になった輩は、自己満足の宇宙旅行することぐらいしか思いつかない。

[ 2020年6月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産