アイコン 中国の5月のPPI ▲3.7%低下、減少率は鈍化

 

 

中国国家統計局が発表した5月の生産者物価指数(PPI)は、前年比▲3.7%低下と2016年3月以来の大幅な落ち込みとなった。
新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が引き続き、世界の需要を圧迫している。4月は3.1%低下していた。
前月比では2月▲0.4%減、3月▲1.0%減、4月▲1.3%減、5月▲0.4%減と減少傾向は、大幅に鈍化し、回復傾向にある。

PPIの内訳では、石油・天然ガス部門が57.6%低下。石油・石炭・その他燃料の加工部門が▲24.4%低下。

新型コロナにより米国や欧州など中国の主要な貿易相手国への輸出が低迷し、国内製造業の設備投資や雇用の見通しを巡る不透明感が一段と強まっている。

世界的なロックダウン(都市封鎖)を背景に中国製品への需要が減退したことから5月は輸出が減少した。
輸入はさらに大きく落ち込み、主要な製造部門への圧力が高まっていることを裏付ける形となった。

5月に開かれた全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では今年の成長率目標の設定が見送られ、指導部が大規模な景気対策には慎重であることが示された。
だが、弱い経済指標を受けて追加の刺激策を打ち出し雇用創出と失業率の目標の達成に向けて取り組むよう求める声が強まる可能性がある。

<消費者物価は伸びが鈍化>
消費者物価は伸びが鈍化しておりインフレ面では景気対策を打ち出す余地が生まれている。
5月の消費者物価指数(CPI)は前年比2.4%上昇と2019年3月以来の低い伸びとなった。4月は3.3%上昇、市場予想は2.7%上昇だった。

中国人民銀行(中央銀行)の潘功勝副総裁は先週、新型コロナウイルスによる経済的打撃は当初の想定より大きく、金融面と信用面の政策支援がさらに必要だという考えを示した。

5月のCPIの内訳では、
食品価格が前年比10.6%上昇と、前月の14.8%上昇から、上昇率が鈍化した。
食品では豚肉価格が81.7%上昇。前月は96.9%上昇だった。
5月の非食品価格は0.4%上昇。
食品とエネルギーを除くコアインフレ率は1.1%で、前月と同水準だった。
以上、

中国は欧米のほか、自ら借金の漬物国にした国々に対する輸出をこれまで拡大させてきた。
しかし、そうした国々も新コロナの影響を受け、中国政府は債務返済の猶予を77ヶ国に実施すると公表している。
パキスタンのように中国の新たな借入金がなければ財政破綻する国も多く、そうした国でも新コロナの感染拡大で経済への影響は深刻となっている。

新コロナと財政はまったく関係ない話、
財政が悪化すれば、デフォルトに陥る国々が増加し、国際金融にも影響してくる。
どこまでこうした借金の漬物国を中国が支えるのか、中国自体も国家負債は巨額であり、動向を注目し続ける必要がある。
当然、そうした国への中国からの輸出は限られるものとみられる。
ただ、資源国に対する貸付は今後も積極化させ、完全に借金の漬物国(=経済支配国)にし、資源の安定供給先にする可能性もある。

0610_07.jpg

[ 2020年6月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産