アイコン 韓国・新コロナ外国人に全額負担へ 日本の韓国K-POPPファンに警告

 

スポンサード リンク
 

丁世均首相は26日、海外から韓国に入国した外国人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された場合、その治療費は自己負担とする方針を明らかにした。

丁首相は26日に開かれた中央災害安全対策本部の会議の冒頭で「海外から入国した外国人のなかで、新型コロナウイルスの感染者が急増し、韓国の医療体系に大きな負担を与える可能性がある」と指摘した。

そのうえで、丁首相は、「外国人感染者の入院治療費の全額または一部を本人が負担することを原則にするが、外交関係を考慮して、相互主義の原則を適用する」と述べ、保健福祉部に対して、関連法の改正に乗り出すよう指示した。

現在、政府は、外国人感染者の治療費を全額負担しているが、今後、海外で韓国人感染者に対する治療費負担の方式を国別に把握し、同様の基準を適用するという。

与党・ともに民主党の姜炳遠議員も、外国人感染者に対して治療費を請求できるようにする感染症予防法の改正案を発議した。
姜議員は、「韓国では無償で治療を受けられるという噂が流されるなど、政府が外国人感染者の治療費を全額負担するが、むしろ外国人感染者を増やす要因になる可能性もある」と話している。
以上、

日韓は渡航制限の緩和を模索している。制限が相互で緩和されれば、日本のいかれたK-POPPファンが韓国へ雪崩れ込む可能性があり、韓国と日本の外国人に対する新コロナ医療行政の変化など留意する必要がある。
もしも、全額負担ともなれば、韓国で新コロナ感染陽性が確認され、韓国で隔離中に容態が悪化した場合、膨大な医療費を請求される可能性を否定できない。韓国で陽性判定を受けたら帰国もできない。
いかれた日本のK-POPファンには、韓国で性風俗含めてバイトをしながら長期滞在するつわものの若い女性たちも多くいると現地では報道されている。

 

[ 2020年7月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産