アイコン 中国南シナ海に内陸部から弾道ミサイル発射 米けん制

 

スポンサード リンク
 

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国軍は26日朝、チベットに近い内陸部の青海省と沿岸部の浙江省からそれぞれ中距離弾道ミサイルを1発ずつ、南シナ海に向けて発射した。
中国国防省は25日、人民解放軍の北部戦区が実弾演習のために設定した飛行禁止区域に米軍のU2偵察機が同日侵入したと非難する声明を発表していた。

弾道ミサイル2発の発射は、こうした米軍の行動に警告を与える狙いがある。
同紙によると、青海省から発射されたのは射程約4千キロの「東風(DF)26」。
DF26は米軍基地のあるグアムを射程に収めることから「グアム・キラー」と呼ばれている。空母などを標的とする対艦攻撃も可能という。

一方、浙江省から発射されたのは「空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイルDF21Dで、射程1500キロ超。移動する空母を的確に攻撃することが可能という。

いずれも海南島と南シナ海でベトナムからベトナム戦争の間隙を縫い強奪した西沙諸島の間に中国軍が設定した演習海域に着弾したという。

同紙によると、今回の弾道ミサイル発射について、中国が一方的に領有権を主張している南シナ海全域に対し、米軍が艦艇や軍用機を動員して南シナ海の活動を活発化させていることへの対応措置との見方を示している。

なお、南シナ海の中国の領有権主張は国際司法裁判所で100%退けられている。
国際社会で、韓国だけが南シナ海に対する中国の領有権主張に対して、何も言わず黙認している。
中国が領有権主張に基づき軍事行動を起こせば、海域の島嶼を実効支配や領土にしている台湾、ベトナム、フィリピン、ブルネイ、インドネシア、マレーシアなどと戦争することになる。恐ろしい中国の習近平中国共産党一党独裁政権だ。今の中国を育て上げたのは米国自身でもある。

中国は南シナ海ではフィリピンに近い南沙諸島の7島嶼を埋め立て、3000メートル級滑走路付のミサイル要塞などを構築している。

中国との経済を最優先するオバマが、南シナ海での中国の埋め立てを黙認した結果、軍部から突き上げられ、問題視したときには、もう埋め立て自体はほぼ完了していた。
オバマより中国寄りとされるバイデンは、大統領選挙の民主党からの候補受託演説で一言も中国に触れなかった。バイデン息子が中国でビジネス展開していたことでも知られる(現在不知)。

これまでの歴史では戦争でまとまる米国民、中国を敵対視し、米国民に意識させ続け、煽り続けるトランプには勝てないだろう。
バイデンは中国問題でホンコン問題にも触れなかった。負ける。

東風26弾道ミサイル
0827_05.jpg

 

[ 2020年8月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産