アイコン 中印紛争 アップル・インドへ工場傾斜 すでに8工場移転

 

スポンサード リンク
 

インドのラヴィ・シャンカール・ プラサッド通信・情報技術担当大臣は、世界中の大手企業は中国以外に生産ラインを設置することの必要性に気付き、米アップル社は現在、中国からインドへすでに8つの工場を移転したと明かした。
プラサッド大臣は9月6日、「インドは大規模な製造センターとして台頭しており、サムスンも工場移転し、さらなる規模拡大を望んでいる。アップル社は中国からインドへ8工場を移転したと聞いている」と述べた。

米ビジネス誌「フォーチュン」は、インド側だけで20人が死亡した中印国境紛争の影響で、インドの政党や市民団体は中国製品のボイコットを開始している。
ファーウェイやシャオミ(Xiaomi)などの中国製携帯電話の市場シェアが急速に低下したため、他社はインドでの生産能力を拡大している。

今年7月、台湾のフォックスコン(鴻海)やウィストロン(緯創)などアップルの製造請負会社(EMS)がインドでの生産能力を拡大していると伝えた。
また、アップルの主要サプライヤーであるペガトロン(和碩)も、インドのチェンナイで支店の設立を申請し、工場設立に取り組んでいると米メディア・テッククランチが報じた。

中印両国の緊張が高まるなか、サムスンはインド市場に回帰し、第2位のスマートフォンブランドとしての地位を取り戻した(一時はトップ、小米やファーウェイに駆逐されていた)。
現在、同社はインドのウッタル・プラデーシュ州ノイダに世界最大のスマホ製造工場を所有し、今年8月にもインドでの生産ラインの拡大を決定したという。2017年に工場を大幅拡張させ、文大統領がインド訪問で、サムスン副会長を同行させ、モディ首相に見せびらかしていた。その後、文在寅がサムスン副会長の金の玉を握り、副会長の不正には穏便に対処し、副会長を経済外交広報担当として利用している。

サムスンは今後5年間で少なくとも400億ドル相当の携帯電話およびその他のデバイスを生産する予定だという。
プラサッド大臣は「私が2014年に最初に就任したとき、インドには携帯電話工場が2つしかなかったが、現在は250を超えている。モディ首相の「Atmanirbhar Bharat」(自立インドミッション)の呼びかけに沿って、多国籍企業をインドに招致し、インド企業もマッチングさせた」と語った。
同氏はまた、「中国と衝突が起きたとき、私たちの首相は断固として立ち上がり、インドは主権に関して妥協しないということを明確にした。
このインドの大胆な姿勢は、米国、英国、日本からオーストラリアまで世界的に認知されている」と述べた。

中印の国境衝突以来、インド当局は
・中国最大チャットアプリのウィーチャット(WeChat)、
・短編動画投稿アプリのティックトック(TikTok)、
・検索エンジン大手のバイドゥ(百度)、
・決済アプリのアリペイ(支付宝)、
・電子商取引大手のタオバオ(淘宝)
・ モバイルゲームを含む200以上の中国製アプリを禁止している。

これにより、ティックトックの最大の海外市場を遮断しただけでなく、バイドゥおよび多くのモバイルゲームが禁止された僅か2日後には親会社のテンセント(Tencent)社に340億ドル以上の損失が出たと「ビジネスインサイダーインド」が報じている。
以上、

中国は、ネパールやブータンでも国境を越え実効支配する動きを見せている。ネパールは共産党政権になり中国の漬物になっており、文句は言っていないが、国民には不満が増殖中。幸せの国ブータンはこうした動きに珍しく激怒している。
インド国境地帯にあり、中国習政権は、一帯一路戦略なのか、インドとの国境の緩衝地帯を自国有利に実効支配するつもりなのか、国際間の決め事も無視し、もう恐れを知らぬ獣になりつつある。
米バイデンは、中国に対する方針を明確に打ち出さない限り、トランプの餌食になる。

 

[ 2020年9月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産