アイコン 完成談合 波佐見町職員とダイニチの代表を起訴

 

スポンサード リンク
 

長崎県の波佐見町が発注した小中学校の空調設置工事の入札で設計金額を漏らして落札させたなどとして、波佐見町教育委員会教育総務班の元係長で現在は教育委員会事務局職員の池上昌平被告(39)と、電気工事などを請け負う会社「ダイニチ」の代表取締役、武村龍弥被告(52)が逮捕された事件で、長崎地方検察庁佐世保支部は7日、元係長を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の罪で、代表取締役を公契約関係競売入札妨害の罪でそれぞれ起訴した。

池上元係長は、波佐見町が発注した3件の小中学校のエアコン設置工事の入札をめぐって、昨年3月9日にダイニチの事務所内で工事の設計金額を武村代表取締役に教えたという。

そのうえで、昨年3月14日、武村代表取締役は、池上元係長から不正に聞き出した情報を基に、約4200万円~約6800万円の3件の最低制限価格に対して3万円余りから23万円余り上回る入札金額で工事を落札したという。

池上元係長は、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の罪に問われ、武村代表取締役は、公契約関係競売入札妨害の罪に問われている。
検察は認否を明らかにしていないが、警察はこれまでの調べに対し2人は容疑を認めているという。

 


スクロール→

(株)ダイニチの財務内容業績 令和元年4月期/千円

流動資産

92,162

流動負債

10,302

 

 

固定負債

1,625

固定資産

178,008

自己資本

258,243

 

 

(資本金)

20,000

総資産

270,170

負債+資本

270,170

売上高

粗利益

経常利益

自己資本率

150,870

43,546

9,887

68.5%

・電気工事業

・代表:武村龍弥

・本社地:長崎県東彼杵郡波佐見町敷瀬郷1705


・県の経営事項審査より

[ 2020年10月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産