アイコン ホンダ レジェンドが「レベル3」認可 世界初実用化へ 自動運転機能 高速フリー

国土交通省は11日、ホンダから提出されていた高速道路など一定条件下ですべての運転操作をシステムに任せる「レベル3」の自動運転機能を搭載した高級セダン「レジェンド」について、安全基準を満たし、公道での走行を認める国の認証「型式指定」を同車に付与したと発表した。
「レベル3」の実用化は世界初となる。
ホンダは3年以上前から高速道路における自動運転「レベル3」の車を2020年中に実用化する計画を打ち出していた。
今年4月には、国内での公道における交通ルールを定めた「道路交通法」と公道を走行する車両が満たす必要のある条件を定めた「道路運送車両法」とが改正され、「レベル3」が解禁となっていた。
以上、

 


ただ、いつでもハンドルを握れる状態での運転となるが、高速で緊急場面が生じた場合の対応は正常に機能していた場合、人より車両が早いかもしれない。制御が人に変わることで事故が大きくなったり、小さくなったり、回避されたり・・・、事故時の保険制度はもう改修されているのだろうか。

1111_03.jpg

[ 2020年11月11日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産