アイコン なんと今度は五輪開閉会式の統括責任者が辞任 佐々木宏氏辞任 渡辺直美氏侮辱

0318_01.jpg東京オリンピック・パラリンピックの開閉会式の統括責任者を務める佐々木宏クリエーティブディレクターが、女性タレントの渡辺直美氏を豚に見立てる演出案を提案するなど、自らの不適切な表現やアイデアの責任を取りたいとして辞任することになった。

東京大会の開会式と閉会式の佐々木クリエーティブディレクターは昨年3月、大会の演出チームのSNS上のやり取りで、渡辺直美氏を豚に見立てる演出案を提案し、メンバーの反対で撤回したとする記事を「文春オンライン」が17日、掲載した。

これについて佐々木氏は謝罪文を出し
「開会式のアイデアを仲間うちでやりとりする中で私のアイデアおよび発言内容に非常に不適切な表現がありました。スタッフから怒られ大変恥ずかしながらその場で目が覚め、謝って撤回しました」としている。
そのうえで「大変な侮辱となる私の発案、発言は取り返しのつかないことで心から反省し、おわび申し上げます」

として組織委員会の橋本会長に辞意を伝えたことを明らかにした。

この問題を受けて組織委員会は17日、IOCと緊急の会談を行って対応を協議したということで、橋本会長は18日記者会見して詳しいいきさつなどを説明する予定。

 

組織委員会では2月、女性蔑視と取れる発言の責任を取って辞任した森会長の後任の橋本会長が大会理念の「多様性と調和」の具体化を目指すとしてスタートを切ったばかりのタイミングで再び水を差される事態になった。
以上、
バレたから辞任・・・。

佐々木宏氏は「白戸家シリーズ」などCMクリエーター界の巨人、電通王国のOB。しかし、時代錯誤思考、脳みそを変えることができない65歳以上の老人でもある。
何でも言える何でもできると錯覚しているようだ。
組織委員会には国・の電通OBがいまだいる。おかしかろうもん。組織委員会が使い勝手よく糾さないことから、東京五輪での電通関係者の奢りが続いている。
ただ、電通を巨大化させ奢り昂ぶらせている日本の政治風土が根底の問題でもある。
五輪準備委員会問題、
エンブレム問題、
鬼十則過労自殺問題
パワハラ問題、酒席で上司から靴の中に注がれたビールを飲むよう強要
身内丸投げ問題・・・
リオ五輪、土管から・・を佐々木氏は出せるのだろうか。それとも埋めたままにするのだろうか。
電通なくして放送業界もマスコミも政治も選挙も機能しないのも現実。
渡辺直美氏は電通から干されているのか、あまりTVに出なくなった。活動拠点をアメリカに移すそうだ。ヨシモトの限界なのだろう。


 

[ 2021年3月18日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧