アイコン 日本品質 聖火1日目から2度も消える

東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、この日、福島県からスタートした聖火リレー初日を終えて、都内で記者会見を行った。
リレーは無事に終了したが、この日、福島県富岡町で、ランナーが掲げていたトーチの炎が走行中に消える場面があった。関係者がランタンを使って再点火した。
聖火リレーは一時ストップしたが、大きなトラブルにはならずに続行された。
また、トーチキスで火が移らなかった事態も1度あったという。
組織委の武藤敏郎事務総長は「原因は究明中。理由は明確になっていない」と説明。
ただ、「続行されているので、特段問題はない」とした。
聖火リレーは47都道府県859市区町村を121日間を掛けて約1万人が走り、7月23日に東京の国立競技場で行われる東京五輪開会式へとつなぐ。
以上、

 

接触アプリCOCOAと一緒で耐久テストをしっかり行わなかったのだろう。器具が問題なのか、ガスが問題なのか。何れにしろ地球温暖化促進の二酸化炭素を撒き散らしている。水素ガスにしろよ。

↓1本7万円のトーチ(希望者に7万円で販売/ネットオークションで高値で売れることだろう)

0326_04.jpg

[ 2021年3月26日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧