アイコン 首都圏分譲マンションの賃料4ヶ月ぶり小幅下落 三大都市圏

東京カンテイは15日、3月の三大都市圏・分譲マンション賃料月別推移を公表した。
分譲マンションが賃貸された場合の募集賃料を、1平方メートル当たりに換算して算出。

首都圏の平均賃料は3,208円、前月比▲0.3%下落、小幅ながら4ヶ月ぶりに下落した。賃料水準の高い東京都の事例シェアが減少した影響と見られる。
都県別では、
東京都が3,753円、0.8%上昇と2ヶ月ぶりプラス。平均面積は52.66㎡、築年数平均19.9年
神奈川県は2,374円、2.0%上昇、60.74㎡、24.3年
埼玉県は1,764円、3.3%上昇、62.21㎡、27.5年
千葉県は1,742円、3.0%上昇、67.82㎡、27.3年
それぞれ平均築年数が1年前後若返り、上昇率も約2~3%と比較的大きかった。

 

近畿圏は1,981円、前月比2.0%上昇、主要エリアでの強含みや大阪エリアでの事例シェア拡大により、引き続き上昇した。20年8月に記録した直近の最高値に迫った。
大阪府は築年数が浅い事例の増加が影響し、2,185円、1.5%上昇と引き続き上昇。
兵庫県は1,699円、1.6%上昇、3ヶ月連続で上昇し、1,700円台目前となった。

中部圏は1,782円、▲0.2%低下、愛知県は1,827円、▲0.4%低下した。
以上、

[ 2021年4月16日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧