アイコン 上板橋1・2丁目再開発 住友不動産と大成建設参画 27階建の分譲マンションも

東京の上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発組合は4月20日、板橋区上板橋1丁目・2丁目で事業を推進している「上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発事業」について、3月26日付で東京都知事より市街地再開発組合の設立認可を受け、4月18日に再開発組合を設立したと発表した。

<オフィス・商業・住宅の複合施設>
2028年12月に全体竣工の予定。
オフィス、商業施設、住宅、公共施設整備などを含む総事業費は、約400億円を見込む。
再開発事業では、
ビル3棟(総延べ5万m2)の建設
駅前広場(約3900m2)、
駅前広場の地下には約1500台収容の公共自転車駐車場
を整備する。
上板橋駅前と川越街道を結ぶ延長210mの区画街路などを新設するとともに、多様な居住ニーズに対応する居住機能として約440戸(1~3LDK)を計画している。
駅前広場に面する東街区の低層部(1、3階)には南口の顔となる商業施設を配置、賑わいを強化する。

 

<低層部には南口の顔となる商業施設を配置>
事業協力者として大成建設が参画しており、今回の市街地再開発組合設立を受けて、住友不動産が参加組合員に追加された。
同地区は、東武東上線上板橋駅の南側に隣接する約1.7haの地区であり、地区の南端には、川越方面と東京都心部とを結ぶ川越街道が位置している。
地区内と周辺地域は、狭隘な道路が多く、木造住宅や店舗併用住宅などが密集しており、消防活動困難区域の解消や木造密集地域の改善が課題となっている。駅前への取付け道路が未整備であり、防災面や安全面の向上が望まれるという。

地区の利便性と防災性・安全性の向上に寄与する区画街路・駅前広場などの公共施設の整備、商業・業務機能の強化による賑わいの形成、良質な住宅供給で、駅前にふさわしい土地の高度利用と都市機能の更新を図ることを目指す。

<<計画概要>>
<東街区>

延面積:約3万8550m2
階数・高さ:地上27階
施設用途:住宅・店舗

<中街区>
延面積:約1万40m2
階数・高さ:地下2階 地上19階
施設用途:住宅・店舗

<南街区>
延面積約:1890m2
階数・高さ:地下1階 地上6階
施設用途:事務所・店舗
公共施設:板橋区画街路第8号線(幅員16m・交通広場約3900m2)、
区画道路第2号(幅員9m)、
区画道路第3号(幅員6m)、
区道第2114号線(幅員6m)、
上板橋歩行者専用道路第1号(幅員9~13m)、
上板橋駅南口自転車駐車場(面積約2600m2、約1500台収容)

施工:大成建設予定
販売運営管理:住友不動産系予定、分譲マンション販売ほか

0421_06.jpg

[ 2021年4月21日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧