アイコン NEC、ヤクザより恐ろしい平井デジタル大臣「一発、遠藤、脅しといた方がいいよ」

 

政府は、東京五輪のアプリ=オリパラアプリを、海外からの観光客や大会関係者の健康管理のために開発制作するため、入札にかけた。

今年1月、NECが顔認証機能を担う共同事業体1社が応札、国が指定した仕様に基づいてアプリの請負契約を約73億円で締結した。

ところが新型コロナウイルスの感染拡大による海外客の受け入れ中止などで機能が見直され、4月、平井デジタル大臣は、内閣官房IT総合戦略室のオンライン会議で、メンバーの減額交渉に関連して次のように発言、
「NECには(五輪後も)死んでも発注しない」、
「(NEC)場合によっては出入り禁止」
「今回の五輪(受注したアプリ)でグチグチ言ったら完全に干す」、
「どこか象徴的に干すところをつくらないと舐められる」
など発言。

さらに、NEC会長の名をあげ、幹部職員に「一発、遠藤(NEC会長)、脅しといたほうがいいよ」

5月31日、野党からの批判などもあり、約38億円に圧縮する契約に変更された。

6月1日、平井デジタル大臣は会見で、「(NECの)顔認証(機能)は、開発も運用もなくなりゼロ(契約解除)」と説明し、しかしNECはすでに開発をほぼ終えており、国の都合で減額になった経緯に説明していた。

これでは、NECを脅して約半額にしたようになっている。
NECとしても短納期であり、また受注額に合わせて制作を遂行させてしており、簡単に値引き(価格改定)できるものではなかったと見られる。政府の価格改定交渉は難航してい可能性があり、平井大臣のこうした言動が担当者を介してNEC側に伝わり、NECが価格改定に応じたものと見られる。
以上、朝日新聞の音声データより
 

与党議員でパソコンが使える希少動物として大臣にまで上り詰めた平井卓也国会議員、何かいろいろありすぎる。大臣に抜擢されたため有頂天・頭に乗っているのだろうか。
放っておいたら自民党に大きな災いをもたらす可能性がある人物のようだ。すでに文春あたりが張り付いていることだろう。

[ 2021年6月11日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧