アイコン 4月の機械受注統計 民需3.7%増にとどまる 外需46%増

 

機械受注は、持ち直しの動きに足踏みがみられる
機械受注総額の動向をみると、2021年3月の前月比▲30.0%減の後、4月は同比18.2%増の2兆5,080億円となった。
需要者別にみると、民需は前月比3.7%増の9,183億円、官公需は同▲2.7%減の2,571億円、外需は同46.2%増の1兆2,175億円(3月は▲53.9%減でその反動)、代理店は同8.4%増の1,172億円となった。

民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向をみると、2021年3月の前月比3.7%増の後、4月は同0.6%増の8,029億円となった。うち、製造業は同10.9%増の3,796億円、非製造業(除く船舶・電力)は同▲11.0%減の4,119億円となった。

季節調整済み前期間比、前月比
2020年~6月は▲14.4%減(うち船電除く製造は▲12.9%減)
7~9月は5.9%増(うち船電除く製造は3.1%増)
10~12月は11.7%増(うち船電除く製造は11.4%増)
2021年1~3月は9.7%増(うち船電除く製造は▲2.2%減)
4~6月予想は2.6%増(うち船電除く製造は7.0%増)

2021年1月は▲1.7%減(うち船電除く製造は▲4.2%減)
2月は26.4%増(うち船電除く製造は▲5.5%減)
3月は▲30.0%減(うち船電除く製造は▲0.1%減)
4月は18.2%増(うち船電除く製造は10.9%増)
以上、

4月のデータ、発表が遅すぎる。原始的な手法で資料を各社から集めているのだろうか。どんくさっ。

[ 2021年6月16日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧