アイコン 異常気象 カナダ熱波 今度はドイツなど欧州で大洪水 1300人不明

欧州西部を襲った豪雨の影響で鉄砲水が発生し、ドイツのラインラント・プファルツ州で約1300人が安否不明になっている。

大規模な洪水による欧州の死者は少なくとも55人に上り、各地で大規模な捜索救助活動が行われているが、犠牲者の数はさらに増える可能性もある。
ドイツでは西部や南部で集落が完全に水に浸かった地域もあり、警察は15日、建物が倒壊したり、住民が取り残されたりする被害が出ていることを明らかにした。
ドイツでは49人、ベルギーでは6人が死亡。ルクセンブルクやオランダでも被害が出ている。
ドイツで特に大きな被害が出ているラインラント・プファルツ州では、アールバイラー地域で推定1300人が行方不明になっている。

同国で最も人口の多いノルトライン・ウェストファーレン州では30人が遺体で発見された。
洪水による負傷者は少なくとも50人に上る。行方不明者の数は分かっていない。
ラインラント・プファルツ州では少なくとも19人の死亡が確認された。警察によると、死者の数はさらに増える見通し。

 

隣国ベルギーでは南部のワロン地域で少なくとも6人が洪水のために死亡した。同地域はドイツのノルトライン・ウェストファーレン州と国境を接している。
ベルギーの国鉄インフラベルは15日、洪水のために南部のフランス語圏で運行を停止していると発表した。

イタリア市民保護当局は、ワロン地域への捜索隊と車両の派遣を開始したと発表した。
ベルギーのフィリップ国王は、大規模な洪水で被災したリエージュのショーフォンテーヌを訪問。カメラを前に「あまりの惨事に心をいためている」と語った。
フランス市民保護当局の救助隊もベルギーのリエージュに到着し、捜索救助活動の支援にあたる。

欧州連合(EU)の欧州委員会は15日、ベルギーの被災地を支援するため緊急対応に乗り出すと表明。欧州理事会のシャルル・ミシェル議長は同日、ツイッターで、大規模な洪水に見舞われたベルギー、ルクセンブルク、オランダ、ドイツに対するEUの支援を約束した。
英国のボリス・ジョンソン首相も「救助と復興の取り組みに必要な支援を提供する用意がある」とツイートした。

NTVニュースによると、ドイツの産業輸送を担う最大の河川、ライン川の輸送もストップしている。
ドイツ気象庁によると、最悪の集中豪雨は過ぎ去ったものの、同国南西部のライン川上流では15~16日にかけて再び大雨が予想されている。
オランダのマーストリヒト市は、マース川水位が急激に上昇しているとして、流域の住民に対して「できるだけ早く」自宅から避難するよう呼びかけた。
以上、CNN参照

どこもかしこも異常気象、おまけに新コロナウイルスの攻撃にもさらされている。なんと人の非力さか。自然破壊させたアマゾン・ソーラー発電所に対する自然の奢れる人に対する怨霊か。

 

[ 2021年7月16日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧