アイコン 日本共産党・小池書記局長 「民主主義と自由を何よりも大切にしている」 玉木氏「全体主義」名指しに

 
 

報道によれば・・・

国民の玉木雄一郎代表が「全体主義」という文言を巡り「共産党のことだ」と名指した。

それをめぐって、小池氏は「日本共産党は、綱領に明記しているように民主主義と自由を何よりも大切にしている政党であり、全体主義とは対極にある政党だ」と主張。

玉木氏が共産党との「選挙戦術的な調整は否定しない」と述べたことについては「候補者調整も選挙協力の一形態だが、そのことと共産党を全体主義として排除することは矛盾する」と指摘し、発言の撤回がなければ調整に入るのは困難との見方を示した。

以上、報道より参照

 

ネットの反応では・・・

「一応、共産主義の反対は資本主義だけど・・」

「まず共産党の看板を下ろせば?」

「一回、共産党のいう民主主義ってのを説明してほしい」

「なぜ共産主義の国が独裁政権なのかわかってないのか」

「まず統制経済とか資本家を敵視してるけど、自由経済やらせてくれるの?」

などの声があがっている。

[ 2021年7月21日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧