アイコン 8月の貿易収支  輸出26%、輸入44%増、貿易赤字に

財務省が16日に発表した貿易統計によると、8月の日本の輸出額は前年同月比26.2%増の6兆6058億円となり、6ヶ月連続増となった。

昨年8月は、新コロナの影響で輸出が大きく減っていたため、その反動で増加したものだが、欧州向け鉄鋼や米国向け自動車部品などが伸び、新コロナの影響がなかった一昨年の同時期と比べても7.6%増えた。

一方、8月の輸入額は前年同月比44.7%増加して7兆2411億円となり、7ヶ月の連続増となった。
原油の輸入価格が、国際相場を反映して大幅に上昇したことが要因。

欧州からはワクチン輸入もあり輸入が急増している。ただ、26ヶ月の連続赤字、FTAを締結したメリットのほとんどはEUにある。

結果、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は▲6354億円の赤字で、3ヶ月ぶりの貿易赤字となった。

一方、8月、米国向け自動車の輸出が半年ぶりに減少していて、さらに足元では、新コロナによる東南アジアからの部品調達難や半導体不足から自動車生産は減産が続いており、今後の影響も懸念されている。

スポンサーリンク
 

スクロール→

8月の貿易統計

/億円

輸出

輸入

収支

米国

11,506

7,575

3,931

22.8%

33.5%

6.3%

EU

6,188

8,626

-2,438

29.9%

54.5%

 

アジア

38,825

33,707

5,118

26.1%

30.4%

3.5%

  うち中国

14,211

16,290

-2,079

12.6%

23.2%

 

中東

1,473

8,396

-6,923

41.7%

122.7%

 

総計

66,057

72,411

-6,353

26.2%

44.7%

 

[ 2021年9月16日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧