アイコン 中国、第3・四半期 GDP 4.9%に減速


中国国家統計局が18日発表した2021年7─9月期の国内総生産(GDP)は前年比4.9%増となり、伸び率は4─6月期の7.9%から減速し、市場予想の5.2%以上より低かった。
9月から電力不足が顕在化、資源やエネルギー価格の上昇により9月の生産者物価指数は10.7%と過去最大の上昇となり、10月に入るとさらにこうした価格は上昇し続けており、景気減速への圧力は強まるばかりとなっている。
当然、世界経済は、中国からの輸入価格の上昇、中国国内の景気減速による間接的な影響も出てくる。

四半期別では、第1四半期は前年同期比18.3%増、2年平均成長率は5.0%、第2四半期は前年同期比7.9%増、2年平均成長率は5.5%、第3四半期は前年比4.9%増加し、2年間の平均成長率は4.9%でした。産業別では、第3四半期の第一次産業の付加価値は5兆1,430億元で、前年比7.4%増加、2年間の平均増加は4.8%であり、第二次産業の付加価値は産業は3兆9,040億元、前年比10.6%増加、2年間の平均増加は5.7%、第三次産業の付加価値は45兆7,610億元、前年比9.5%増加した。 %、2年間の平均成長率は4.9%。前月比で見ると、第3四半期のGDPは0.2%増加している。

スポンサーリンク

主に資源や穀物を運ぶバラ積み船のバルチック海運指数は今年2月末1675、9月末5197、10月14日現在5062。コンテナ船は米中航路などさらに上昇している。

7月の中国共産党創立100年を境にヒステリックになってきている中国政府の「共同富裕」を旗手にした権力による規制強化策。

政府はカーボンニュートラル2060を策定、一部実施した結果、石炭供給量を減らし電力不足を招き、石炭価格を上昇させた。
塾は要らないとする教育の負担軽減策。

未成年者のゲーム利用時間を週3時間に制限させるなどインターネットに対するテンコ盛りの各種規制、
三道紅線による不動産市場の規制強化の集中的な実施は、デフォルトに陥る不動産開発大手が多発、信用不安を招きマンションを購入しなくなった国民、不動産関連業界も含めて景気を大きく減速させてきている。

10月に入った1週間、中国最大の産炭地の山西省での集中豪雨、天候不順も景気に影を指している。豪雨は穀物地帯でもあり、食料にも影響する。
自動車販売も、理由はともかく大幅に減速してきている。
家も自動車も買わなくなった消費者の影響は、今後とも大きく影響してくる。

1018_06.jpg


スクロール→

自動車販売台数 ×1000

 

米国

 

中国

 

2021

台数

前年比

前年

台数

前年比

前年

1月

1,109

-3.1%

1,144

2,503

30.6%

1,917

2

1,196

-12.9%

1,373

1,455

369.4%

310

3月

1,605

62.1%

990

2,526

76.6%

1,430

4月

1,512

113.0%

710

2,252

8.8%

2,070

5月

1,586

42.8%

1,111

2,128

-3.0%

2,194

6月

1,300

17.0%

1,111

2,015

-12.4%

2,300

7月

1,291

5.2%

1,227

1,864

-11.7%

2,112

8月

1,095

-17.0%

1,319

1,799

-17.7%

2,186

9月

1,007

-25.5%

1,351

2,067

-19.4%

2,565

小計

11,701

13.2%

10,336

18,609

8.9%

17,084

 

[ 2021年10月19日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧