アイコン トランプ 中間選挙に向けグーグルたたき開始 IT企業を順番で叩いている

 

 

中間選挙に向け情報操作を行おうとしている米トランプの28日朝のツイッター
Google search results for “Trump News” shows only the viewing/reporting of Fake News Media. In other words, they have it RIGGED, for me & others, so that almost all stories & news is BAD. Fake CNN is prominent. Republican/Conservative & Fair Media is shut out. Illegal? 96% of....
....results on “Trump News” are from National Left-Wing Media, very dangerous. Google & others are suppressing voices of Conservatives and hiding information and news that is good. They are controlling what we can & cannot see. This is a very serious situation-will be addressed!

・・・「グーグルで『トランプニュース』と検索すると、フェイク(偽)ニュースメディアしか表示されない」と指摘。96%が左翼メディアの記事だと主張し、「保守主義の意見を隠している」「(グーグルは)我々が見えるものと見えないものをコントロールしている」・・・

グーグルは28日、米トランプ大統領が、グーグルのニュースの検索結果に共和党寄りのメディアの記事が少なく「不正操作がある」と批判したことについて、「政治情勢を操るために検索結果を順位付けすることは決してない」と反論した。

スポンサード リンク

トランプは最近、米IT各社を批判しており、中間選挙が近づくなかで矛先がグーグルにも向かった。
 これに対し、グーグルは同日に声明を公表。検索結果について「政治的思想の偏りはない」と強調した。「ユーザーが検索した言葉に最も関連性の高い結果を受け取れることが我々の目標だ」としており「毎年、数百回にのぼるアルゴリズムの改善をおこなっている」と説明した。
 トランプ氏はこれまでも、IT企業に対する批判を繰り返している。
トランプは、8月中旬には、フェイスブックなどのSNSメディアがヘイトスピーチだと捉えた投稿を自主的に削除したことについて、ロイター通信とのインタビューで「本当に危険だ」と話していた。
ツイッターでも「ソーシャルメディアは共和党、保守の声を完全に差別している」と“口撃”していた。
以上、
  
  フェイクニュース社だとしてワシントンポストをたたきたいがために、アマゾンを徹底的に槍玉に挙げていたトランプ(WPとアマゾンのオーナーは一緒)。

 トランプは中間選挙に向け、Democratic Party(民主党)よりメディアではなく、Left-Wing Mediaと書き、保守の共和党対リベラルの民主党という構図ではなく、保守対左翼の構図を作り上げようとしているようだ。
大統領選でのトランプの対立の構図は、選挙戦術の有効かつ重要な要素でもあった。

アメリカ合衆国では、裏づけも取らず、大統領が選挙を前にこうした批判を展開してよい国のようだ。アメリカ合衆国では法律そのものがトランプであり、自らの意に適わないマナフォート大統領選挙・元選対本部長に対して有罪判決に対し、自らが就任させたセッションズ司法長官さえ、罵倒していた。
おかしな国になってしまったアメリカ合衆国。
欧州(EU)さえ、米国から離れるべく、米主導のNATO軍から離脱し、EU軍創設を検討するという。

過去には下半身の理性が効かずPBモデルやポルノ女王とまで遊び狂い子種を撒き散らし、今では世界中に火種を撒き散らしている(トランプには隠し子もいるとされるがまだ発覚していない)。
ただ、ネットIT企業は底なし沼のような守銭奴でもあるが、オーナーたちに民主党派が多いことだけは間違いない。
シリコンバレーの住民たちは、いつたたかれるかも知れず、トランプを相手にせず、政治的に中立を守っている。触らぬ神に祟りなし。

スポンサード リンク
[ 2018年8月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ