アイコン アメリカでもハリケーン「フローレンス」NCへ上陸へ 中国オゾン層破壊

 

 

大西洋で発生したハリケーン「フローレンス」がカテゴリー4に発達、木曜日にでも米東南部ノースカロライナ州へ上陸すると見られ、当局は警戒を呼びかけている。
地球温暖化、パリ協定を離脱したアメリカ合衆国をハリケーンが襲う。

最悪は世界覇権を目指し守銭奴国に化かさせた中国習近平の環境に関する経済統治のなさであろうか。
世界で禁止されたはずのフロンガスを、中国では、以前の世界の生産量を超える生産量を生産させ続け、現在でも、太陽熱を抑制するオゾン層を猛スピードで破壊させている。

原因は、中国の膨大な住宅建設における断熱材として発泡スチロールが利用され、その生産にフロンガスの代賛ガスを使用せずフロンガスを用いているためであり、フロンガスの大量生産を行っている。

大気汚染にしても、老朽化生産設備の廃棄させ、金がかかるが生産整備に触媒装置を付けさせたら大気汚染物質は大幅に減少させることができ、青空も実現できる。しかし、金を世界覇権に利用して世界中にばら撒くとともに、大気汚染も世界中にばら撒いている現実。

スポンサード リンク

中南海の住民たちは、北京や河北省周辺の煙突工場を根こそぎ移転させ、中南海だけは、鼻毛が伸びないように対策を講じたが、西域の石油コンビナートや内陸部の重工業地帯の煤煙が気流により北京へ流れ入り、効果はほとんどない。こうした政策は、中南海と北京市の住民だけが人としての大気に対する権利を認められているようだ。そんな移転させるような金があったら、触媒装置をつけさせたら、どれほど、中国国民、世界市民の健康にとって有意義だろうか。

 

ハリケーン・カテゴリー
分類
風速(knot)
風速(mph)
風速(m/s換算)
カテゴリー1
64 - 82
74 - 95
33 - 42
カテゴリー2
83 - 95
96 - 110
43 - 49
カテゴリー3
96 - 113
111 - 130
50 - 58
カテゴリー4
114 - 135
131 - 155
59 - 69
カテゴリー5
>135
>155
>70
 
0911_07.jpg
 
<PM2.5予測>SPRINTERS
0911_08.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ