アイコン 大阪城「たこ焼き」 もうかりまっか 13000万円脱税 日に数百万円も

 

 

大阪城公園にある売店で外国人観光客などにたこ焼きなどを売って得た所得を申告せず、1億3000万円余りを脱税した罪に問われている72歳の店主の初公判が大阪地方裁判所で開かれ、店主は起訴された内容を認めました。

大阪城の天守閣のそばで「たこ焼き」などの売店を経営している宇都宮タツ子被告(72)は、店の売り上げを隠し、一昨年までの3年間に約1億3200万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われている。

スポンサード リンク

26日、大阪地方裁判所で初公判が開かれ、宇都宮店主は起訴された内容について「間違いありません」と認めた。

宇都宮店主は、脱税の理由について「毎年、税務申告しないといけないのはわかっていたが、誰に相談すればいいのかわからず、実際に申告したことはない。将来の不安から貯めておきたかった」と説明した。
また、店の儲けについて、「外国人観光客が増えてからは一日に数十万円、多いときには数百万円が手元に残るときもあり、自宅の金庫に持ち帰って一部は生活費や旅行にも使った」と明かした。
宇都宮店主に売店の土地を貸している神社によると、店の営業は8月から無期限で自粛させていて、今後、建物も撤去させる方針だという。
以上、
神社は今後、新規に売上高に応じた賃料の営業権を交付すれば、神社側も大儲かりだろう。

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ