アイコン 21億円移籍のサラ搭乗機墜落か・プレミアLのカーディフ Emiliano Sala

 

 

イングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティがクラブ史上最高額でフランス・リーグ1のナントから獲得したばかりのアルゼンチン出身FWエミリアーノ・サラを乗せた小型飛行機が21日夜以降、消息を絶っている。警察筋がAFPに明らかにした。
1月19日、カーディフ・シティと1700万ユーロ(約21億円)の移籍金で契約したと報じられているサラを乗せた小型機は、英ウェールズ地方の都市カーディフに向かい、イギリス海峡にあるガーンジー島の北方約20キロの地点でレーダーから消えたという。同機は墜落したとみられている。
以上、AFP

スポンサード リンク

ガーンジー島は、仏西北端のノルマンディの先、元々ノルマンディ公国の一部で、ノルマンディ・ギョーム公がイギリスを征服、イギリス王になったことから、以降、ガーンジー島(タックスヘブン地)は英王室直轄地となっている。

スポンサード リンク
[ 2019年1月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ