アイコン エミリアーノ・サラ選手搭乗の不明小型機残骸見つかる

 

 

英イングランド・プレミアリーグのサッカーチームのカーディフ・シティFCに移籍が決まったエミリアーノ・サラ選手(28/アルゼンチン出身・FW/移籍前仏FCナント所属)を乗せ、イギリス海峡で消息を絶っていた小型機の残骸が3日見つかった。捜索チームを率いる海洋学者が明らかにした。

サラ選手とパイロットのデービッド・イボットソンさん(59)を乗せた小型機は、先月21日にイギリス海峡のチャンネル諸島付近でレーダーから機影が消えた。フランス北部のナントから英ウェールズのカーディフへ向かう途中だった。

スポンサード リンク

民間からの寄付で実施された今回の捜索を指揮するデービッド・メアンズ氏は、船舶による捜索で当該の小型機の残骸を発見したとツイッターで発表。連携する英航空事故調査局(AAIB)の船舶もこれを識別したとしたうえで、残骸の発見はすでに警察を通じて遺族らに伝えられたと述べた。

これより先に30日に、フランスのノルマンディ半島に小型機のものと見られる座席や布切れが漂着していたことが地元民により発見されていた。

ノルマンディ半島のすぐ東側に英領チャンネル諸島がある。

 

スポンサード リンク
[ 2019年2月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ