アイコン 「イプシロン」4号機 衛星投入成功 全7個投入へ・・・イグ賞候補流れ星衛星も

 

 

JAXAは、7個の衛星を搭載した「イプシロン」4号機を18日午前9時50分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げに成功させた。
4号機は、1段目や2段目を切り離して上昇を続け、打ち上げから50分過ぎの午前10時40分すぎ、高度約514キロ地点で、最も大きな衛星を予定の軌道に投入することに成功させた。このあと、ほかの6基の超小型衛星も順番に軌道に投入する計画。
「イプシロン」は、活用が広がる小型の人工衛星を低コストで打ち上げることを目標に、JAXA=宇宙航空研究開発機構が開発し、6年前に初号機が打ち上げられた。

スポンサード リンク

4号機は、全長26メートル、打ち上げにかかる費用は約55億円で、民生品を活用した通信装置やカメラなどが宇宙空間で使えるか実験するための衛星や、ベンチャー企業が企画した人工的に流れ星を作り出す衛星など、計7基の小型衛星が搭載された。
今回の打ち上げでは、民間の宇宙開発を促進するため、JAXAが打ち上げコストを負担することになっていて、「イプシロン」としては初めて、複数の衛星を同時に打ち上げた。
以上、

攻撃用ミサイルならいくらでも技術を持ちながら、人工衛星を打ち上げるロケット打ち上げ技術を持たない、平和技術と軍事技術の見境のない近くの国が、イプシロン機は固体燃料ロケットで、移動式ICBMにすぐ転用できるロケットで脅威だと指摘している。批判することでしか満足しない国だ。
 

スポンサード リンク
[ 2019年1月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ