アイコン 厚労省 コンドームの生産量でも虚偽報告 テキトウ

 

 

厚生労働省が医薬品や医療機器の生産実態を調べる国の基幹統計「薬事工業生産動態統計」で誤りの可能性を指摘されていることが29日、分かった。
ホームページで公表している統計によると、2009年12月のコンドームの生産数量が4億7538万個とほかの月より1桁多く、年間の4億365万個を上回っている。
厚労省は、メーカーからの報告が間違っていた可能性があるとみて、事実確認を進めている。
同統計によると、2009年1~11月のコンドームの生産数量は、月約2900万~3700万個。2008、2010年の12月は各約3500万個だった。2009年12月はこれらの10倍超に上っていた。
以上、
単なるミスだろう。ミスをミスとチェックされないところに問題がある。まだろくに調べもせず、団体からの報告がミスだったろうともう責任転嫁している。

スポンサード リンク

<童夢の話>
コンドームの生産量はEUが№1、国連がアフリカでエイズ感染防止のため無料配布した欧州製コンドーム、使用したアフリカの人たちの間で破れ問題が多発し大問題になった。しかし、国連や欧州では何も問題とならなかった。
破れた原因は長さと太さ・硬さが、欧州平均と比較にならないほどで破れたというもの。これがためにエイズに感染した人に対して、国連は、エイズ過失感染致傷罪に問われようが・・・。

当時の国連事務総長は潘基文(文在寅の盟友盧武鉉の政権時代の外相)、大地震下のジャマイカや紛争続くアフリカなどの国際PKO部隊が、住民や避難民の女性や少年に対するレイプ、提供する食料品見返り売春などの不法行為を多数発生させていた。
国連当局が調査し、その報告が潘基文事務総長にあがっているにもかかわらず、潘は公表せず隠蔽、国連職員が報道機関にリークし、初めて公表された。
その潘基文の国連の下、国連人権委を主導し、慰安婦問題で反日勧告を繰り返していたのが、現在の韓国の康京和外相という関係。
潘基文は国連創設最悪の事務総長として、世界の多くの有力紙が最悪の国連事務総長として酷評し、国連を形骸化どころか、無効化してしまった大罪人。
事務総長退任後、韓国の大統領を目指していたが、実の兄弟とその子がアメリカで、国連関連での収賄容疑で取調べを受け、大統領選で立候補もできずおわった。
以上、

スポンサード リンク
[ 2019年1月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ