アイコン LINE 12月決算 赤字 AIスピーカー投資負担影響 任天堂との協業も

 

 

LINEが31日発表した決算によると、売上高はアプリ上に表示する広告の収入が伸びたことから前年比24%増の2071億円だった。しかし、最終利益は▲37億円の赤字となり、1年間の決算での赤字は3年前に上場して以来初めて。

同社はスマホ決済事業で、加盟店やユーザーを獲得するために手数料を無料にしたり、ポイントを還元したりするキャンペーンなどに費用が嵩んだことや、一昨年販売開始したAIスピーカーに使うAIの開発費費用が増加したことが主な要因だとしている。

LINEでは、戦略的な投資を行っているので赤字はやむをえないとしていて、今年もAIや金融関連の分野で、前年期の2倍にあたる600億円規模の投資を行う計画。

同社は、今は激動のタイミングで、技術的にも社会的にも大きく変わっている。われわれはここで大きな投資をして、大きな成長をしていきたいとしている。

さらに、任天堂との協業で「ドクターマリオ」のスマホアプリ版を発表、LINEはレベル5とのゲーム運営もまあまあの結果を出しているが・・。

スポンサード リンク
LINE
連結/百万円
売上高 
営業利益
←営利
税前利益
当期利益
17/12
167,147
25,078
15.0%
18,145
8,210
18/12
207,182
16,110
7.8%
3,354
-5,792
18期/17期比
24.0%
-35.8%
 
-81.5%
 
16/12
140,704
19,896
14.1%
17,989
6,762
15/12
120,669
-9,524
-7.9%
-12,033
-7,581

スポンサード リンク
[ 2019年2月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ