アイコン 2018年の経常収支▲2.8兆円減の19兆円の黒字

 

 

財務省が発表した2018年の国際収支によると、海外との貿易や金融取引などで日本がどれだけ稼いだかを示す経常収支は、昨年1年間で19兆932億円の黒字となり、前年の黒字額を▲2兆8582億円下回った。原油価格の上昇が主要因。

併せて発表された12月の経常収支は、4528億円の黒字となった。

 

スポンサード リンク
2018年の国際収支=経常収支 1~12月
 
金額
前年比
貿易・サービス収支
  2,891億円
▲3兆9,405億円
(黒字幅縮小)
 
貿易収支
1兆1,877億円
▲3兆7,677億円
(黒字幅縮小)
輸出
81兆2,070億円
+3兆9,215億円
(+5.1%増加)
輸入
80兆 193億円
+7兆6,892億円
(+10.6%増加)
サービス収支
▲8,986億円
▲1,728億円
(赤字幅拡大)
第一次所得収支
20兆8,102億円
+9,728億円
(黒字幅拡大)
第二次所得収支
▲2兆  61億円
+1,096億円
(赤字幅縮小)
経常収支
19兆 932億円
▲2兆8,582億円
(黒字幅縮小)
 

スポンサード リンク
[ 2019年2月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ