アイコン 田上富久氏さみしい事務所開き

 

 

投稿者=田上富久研究会NO1

帰ってこいよ PART.1

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=yrOBZ0vU5C8

田上富久氏の事務所開きが3月10日(日曜日)開催はされました。

事務所とは三期十二年で辞めるといって市民を偽り立候補を決意している市長選挙の本部事務所のことです。

選挙運動に関する事務全般を取り仕切る重要なところです。

候補者の演説会や集票計画、実施、ポスターの貼付、法的届出書の提出等々を行います。

中世の本丸の役目を担い主郭として、大将が戦時の拠点とした所です。

そのため、大勢の後援者、支持者、来賓が駆けつけて臨戦態勢の準備をします。

スポンサード リンク



参列者は50名だったそうです。

正直言って、この人数は町会議員クラスです。

少なくとも200人以上集まるのが現職だったら一般的です。

いかに田上富久氏がこの12年間、長崎市のために仕事をしなかったか証明されました。

また、これからも期待できないとの諦めと言っても過言ではありません。

長崎市は故伊藤一長先生が不慮のアクシデントによって死去されました。

そのどさくさに紛れ、田上氏が意表を突いた形で緊急非難的に就任しました。

その後、所得は減少し続け、人口流出に歯止めがかからず、今や全国ワースト1位に成り下がってしまいました。

市民の皆様は生活実感からお分かりと思います。

それでも懲りずに、強権的に数々のMAICE施設や19階建等の箱物『建築物』を造ろうと企ています。

このままの行政運営では財政規律は保てず赤字債権団体になってしまうのは火を見るよりも明らかです。

田上富久氏は五島市岐宿町出身です。

帰ってこいよ PART.2

https://www.youtube.com/watch?v=GtM9c460Yuc&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0EpXY9RN03Ol5Ny4sB6QeTeHHi_HZ3bzznjhDr2poTiinLyRNA-dJC-Cw

それを支える副市長の三藤義文氏は福岡産です。

0115_03.jpg

長崎市のトップ二人とも長崎市に対する愛着は乏しく、責任感が希薄と言われています。

おまけに田上富久氏の嫁、和代夫人まで思案橋の店(のあ畑)を閉めて銀座に新たに店を開店しています。

田上氏は夫婦で人口流失に拍車をかけています。

嫁の銀座流失を止めきれない市長が長崎市民の流失を止めきる道理がありません。

お三方(田上夫婦に三藤氏)とも早くお引き取り願いたいものです。

スポンサード リンク
[ 2019年3月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ