アイコン 沖縄県今帰仁村の沖合 ジュゴンが死骸で見つかる

 

 

18日、国の天然記念物で絶滅の恐れがあるジュゴンと見られる生物が、沖縄県今帰仁村の沖合で死んでいる状態で見つかり、19日、専門家が詳しく調査することにしている。

以上報道より参照

漁業者などによれば、体長は3メートルほどで三角形の形をした尾の特徴などからジュゴンと見られている。

ジュゴンは国の天然記念物、環境省は近い将来、絶滅する危険性が極めて高いほ乳類に指定している。

沖縄本島北部では数頭しか確認されていない。

 

※写真は参考画像
0319_03.jpg

スポンサード リンク
 


絶滅危惧のジュゴンか死骸で発見

03月19日 06時41分

国の天然記念物で絶滅の恐れがあるジュゴンと見られる生物が、18日、沖縄県今帰仁村の沖合で死んでいる状態で見つかり、19日、専門家が詳しく調査することにしています。

18日、午後5時すぎ、今帰仁村の今帰仁漁港からおよそ200メートルの沖合で漁業者がジュゴンのような生物が浮いているのを見つけ、陸揚げしたところ死んでいるのが確認されました。

スポンサード リンク

[ 2019年3月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ