アイコン オスプレイ機 沖永良部空港に緊急着陸 1時間半後何もなく離陸

 

 

27日午後4時25分ごろ、米軍の輸送機MV22オスプレイ1機が、沖永良部空港に一時、着陸した。米軍は、警告灯は点灯したが、点検の結果、メンテナンスは不要だと判断したとして約1時間半後に離陸した。

その後、米軍は、防衛省に対し「警告灯が点灯したため着陸したものの、点検の結果、メンテナンスなどは不要だと判断した」と報告したうえで、着陸から約1時間半後の午後6時2分ごろ、離陸したという。

以上、

スポンサード リンク

米軍と防衛省が了解の下で、全国の空港に着陸している緊急着陸訓練の一貫だろう。

東アジアで何かあった場合、日本の全空港は米軍機飛行基地に当然化かす。

 
[ 2019年3月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ