アイコン 福岡北九州市 工事現場で不発弾のようなものを発見

 

 

2日午後、北九州市の工事現場で、砲弾のようなものが見つかった。

発見された、すぐそばに住宅や高校があり、警察は、周辺の立ち入りを規制したうえで、詳しい状況を調べているという。

以上報道より参照

警察によれば、砲弾のようなものは1つ、大きさは長さがおよそ30センチ、直径はおよそ9センチほど。

 

スポンサード リンク


北九州市の住宅街に不発弾か

04月02日 18時53分

2日午後、北九州市の工事現場で、砲弾のようなものが見つかりました。
すぐそばに住宅や高校があり、警察は、周辺の立ち入りを規制したうえで、詳しい状況を調べています。
 

 
[ 2019年4月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ