アイコン なったが勝ち、原爆記念日だけが仕事のような謎の迷市長だった

 

 

平成最後の市議選、市長選は令和元年の市議、市長を決める大事な選挙です。

12年前、伊藤市長の不慮の死亡をうけ、市民力をアピールして当選した平成の謎の迷市長、田上富久氏だったが、これほど市民力を完全否定した市長も珍しい。



きょうも、fbより浅田五郎さんの投稿を紹介します。

スポンサード リンク

(帰らんちゃよか!パート1)

https://www.youtube.com/watch?v=bvFEYYHNfJM&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0RS8nwfFRmsEYlAGBE3rU4d3PapUwSIByrQHjtS1knspfc9QPpuAr4DJc

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

4月6日22:55

「住民投票の結果の内容」

県議選挙の運動も終え投票を迎える日になりましたので、お知らせいたします。

住民投票には多くの市民が署名捺印をし、法定の票数がたったにもかかわらず市民力を否定しつづけた、田上市長が市民の願いを無視してきた住民投票を市議会の議員の皆様はどのような対応をしてきたのかそれを知りたいとの声に応えてお知らせいたします。

これまで1回目、県庁舎跡地に市役所、2回目公会堂存続1、3回目、公会堂存続2、4回目、小島養生所、5回目、MICE、に各会派に所属くしている会派名、議員名、住民投票の内容名を、さらに住民投票の種類、と住民投票に対する賛否について一覧表でご報告いたしますのでご覧ください。

市議選挙の参考にしてください。

現役の議員の市議会での市長提案の政策に最も関係のある住民投票を市議がどのように扱っかたのか参考にしていただきたいと思います。

今度の長崎市長選挙、市議選挙は大型箱物に対する、市民が賛成なのかどうか、次に市民力である住民投票に対する賛否、次には市長,4選是可否であります。

この三点セットがこの選挙の大きな問題点でしょう。

市民力をもって、これからの長崎市の政策、議員の行政へのチエック機能が発揮出来るのかが問われる選挙だと思います。

明日の長崎市に夢と希望を本当に与えたいと心から思います。

0409_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年4月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ