アイコン 米、カーシェア用のベンツ50台など100台行方不明に

 

 

米シカゴでカーシェアサービスに使われていた車100台以上が行方不明になっているとCNNが報じている。
メルセデスベンツ車50台も含まれており、警察はモバイルアプリを経由したレンタル詐欺事件として捜査していることを明らかにした。

警察によると、カーシェアサービスの「Car2Go」から17日、「不正な手段によって車がレンタルされた可能性がある」と通報があった。

シカゴ西部では、多数の車が回収され、警察は数十人から事情を聴いている。これまでに21人が車両に対する不正侵入の罪に問われ、1人はなりすましの罪にも問われている。

警察の広報は、「現時点で100台が行方不明になっている。メルセデスベンツ50台は、まだシカゴ市内にあると思われる」と説明した。

スポンサード リンク

「Car2Go」のウェブサイトによると、利用者はサービス圏内であれば、どこでも好きな場所で車を拾い、好きな場所で乗り捨てることができる。同社は米国とカナダの10都市でサービスを展開しており、シカゴではメルセデスベンツのGLAやCLAなども提供していた。

「Car2Go」は、捜査当局と連携して不正に対する対策は講じたと説明。慎重を期すための措置として、シカゴでのサービスを一時的に停止していることを明らかにした。

ハッキングの被害に遭ったわけではなく、利用者の個人情報などは流出していないと同社は強調している。
以上、

ミスミス自らの身分を明かして盗む者や詐欺する者は、マフィアから強制されない限りいないだろう。ならば、他人名義で成りすまして、サービス会社に登録し、盗んだとしか思われない。他人名義の出所は、やはりネットからのハッキングデータだろうか。米国ではクレジットカードが身分証明の万能になっており、悪用されれば、キリがないだろう。
位置情報システムを取り付けていない愚かさ。
解体されて中近東へ運ばれる運命か、それともばらばらにして部品屋に売られるのだろうか。

 

 
[ 2019年4月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ