アイコン 20東京五輪 今年7月から販売 晴海選手村跡地の分譲マンション 5千万円台~

 

 

20東京オリンピック・パラリンピックの選手村「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」の建物などを活用して整備されるマンションの詳細が23日発表された。価格は5000万円台からで、一部は今年7月から販売が開始される。
選手村は東京都中央区の晴海地区に建設が進められているが、大会後には建物や周辺の土地を活用し、23棟のマンション・計4145戸が整備される予定。

23日は、開発を手がける大手不動産会社など10社が選手村の隣接地で記者会見を開き、マンションの詳細を発表した。
それによると、間取りは2LDKから4LDKで、価格は5000万円台から1億円を超えるものまで用意するとしている。
最も早い2022秋に完成する予定のマンションは、今年7月下旬から販売を始めるという。
今週末からは5種類のモデルルームが公開され、VR=仮想現実の技術を使って高層階からの眺めも体感できる。
開発地には、小中学校や公園のほか、BRTと呼ばれる連結バスの発着場も整備され、東京の新マンション街が発現する。
以上、

スポンサード リンク

何で選手村として使用されたマンションさえ、改修されるものの2023年に入居開始になるというのだろうか。選手村の使用済みマンションは格安販売が望まれようが・・・。政治と同じで口ばかり、何か遅いようでならない。新規開発する棟とほぼ同時期に入居開始させたいのだろう。
22年ころには分譲マンション価格が暴落している可能性もあるが、それは希少な所在地、人口減少下でも一極集中により人口が増える東京の中央区、値は下がらないだろう。

 
[ 2019年4月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ