アイコン 米国籍の夫 離婚調停中の日本女性を家裁玄関で刺す 意識不明の重態

 

 

警視庁丸の内署によると20日午後3時20分頃、東京都千代田区の東京家庭裁判所1階の玄関付近で、30歳代の日本人女性が、男に首を刺され、病院に搬送されたが意識不明の重体となっている。

近くにいた警察官が、逃げた男を追いかけ、現場から約300メートル離れた警視庁内幸町交番付近で身柄を確保し、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

スポンサード リンク

男は、女性と離婚調停中の米国籍の夫とみられる。

バタフライナイフのほか複数の刃物を所持し、確保される直前に自分の左腕を刺して病院に搬送された。

以上、

 
[ 2019年3月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ