アイコン ディズニーシー新ポート「ファンタジースプリングス」に決定 22年オープン 2500億円投資

 

 

オリエンタルランドは21日、2022年度中の開業を目指してプロジェクトが進行中の、東京ディズニーシーの新テーマポートの名称が「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定したと発表した。

東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトでは、東京ディズニーシーを拡張し、ディズニーホテルを有する8番目のテーマポートを新たに開発する。
既存施設への追加投資としては、過去最高となる2,500億円を投じ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張する。
ファンタジースプリングスに誕生する4つの新アトラクションと3つのレストランと1つのショップ、そしてディズニーホテルはすべて、このプロジェクトのために新たに開発される。

新テーマポート、「ファンタジースプリングス」は"魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界"をテーマとし、幅広い世代に愛されているディズニー映画の世界が再現される。

スポンサード リンク

ファンタジースプリングスに足を踏み入れたゲストは、魔法の水が流れる滝や池に遭遇し、ディズニーの物語の世界へと誘われていく。その先にはディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした3エリアが広がり、ゲストは、それぞれの物語をアトラクションやレストランなどで体感することができる。
また、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルが、泉を臨むように聳え立つ。
まだ、誰も体験したことのない魅力あふれるファンタジーの世界をより多くのゲストが楽しめるようになり、世界で唯一「海にまつわる物語や伝説」をテーマとする東京ディズニーシーの魅力と体験価値がさらに高まるとしている。

今後導入や開業を予定している施設
1、「東京ディズニーシー」:大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」2019年7月23日
2、「東京ディズニーランド」:東京ディズニーランド新立体駐車場2019年7月(予定)
3、「東京ディズニーランド」:東京ディズニーランド大規模開発・ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリア・「ファンタジーランド・フォレストシアター」・「ベイマックスのハッピーライド」・「ミニーのスタイルスタジオ」2020年春(予定)
4、「東京ディズニーリゾート内」:ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマとした新ディズニーホテル2021年度(予定)
以上、

0521_10.jpg

0521_11.jpg

 
[ 2019年5月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ