アイコン 韓国航空業界を襲う新コロナ 国際機関ICAO分析

 

スポンサード リンク
 

国際連合傘下の専門機構である国際民間航空機関(ICAO)の分析によると、新コロナ感染症で韓国民間航空業界の損失が上半期だけで最大7兆2000億ウォン(約6366億円)に達するという予測がなされている。

◆ 各国の国籍機、生死の岐路に…グローバル航空構造調整が広がる可能性
すでに大韓航空をはじめとする韓国内のすべての航空会社が名誉退職や循環休職、資産売却のような構造調整に突入している。
ICAOの推定が現実化すれば、企業次元の構造調整ではなく、民間航空業界のグローバル構造調整に広がる。
国籍航空機の生死が岐路に立たされる可能性がある。韓国とは違い、世界は自国航空業界に対して事実上の無制限支援を行いながら国籍航空機の蘇生に動いている。

ICAOは最近、「新型コロナが民間航空に及ぼす影響」という題名の分析資料を出した。
新型コロナ事態以降、V字型に回復する時とU字型に回復する時を仮定してその被害規模を推算した。V字型回復は5月から回復の兆しを示した場合となっている。U字型は6月まで萎縮局面が続くとした場合。

◆ 韓国旅客減少2900万人…大韓航空、昨年の輸送規模越える
ICAOの分析によると、韓国民間航空業界はV字型に回復するといっても今年上半期だけで49億ドル(約5270億円)の損失を被ることが予測された。
U字型ならこれよりもさらに深刻となり、59億ドルの被害を受ける見通し。航空運航は48~57%落ち込む。
輸送乗客は予定された旅客に比べて2400万~2900万人減る。1~3月期の損失額だけで少なくとも15億ドル、最大で17億ドルに達すると推算している。

昨年の大韓航空の売上(ホテル・旅行含む)は12兆ウォン、当期純利益は▲5687億ウォンだった。アシアナ航空は売上6兆ウォン、当期純利益▲7629億ウォン。経営が悪化している中でのこと。
このことを考慮すると、ICAOの推定どおりなら、上半期にこれら2社の航空会社が倒産する可能性すらある。
上半期の輸送旅客数減少分だけ見ても、大韓航空が過去1年間に輸送した人員(2735万人)より多い。

◆ 会社の命つなごうと…済州行き大韓航空2万2000ウォン、LCCは5000ウォン

大韓航空関係者は「現在の運航状況は、昨年平均と比べて1割にも満たない一桁数運送率」と話した。この関係者は「乗客がいなくても済州行き片道航空が2万2000ウォンで販売されるときもある。格安航空会社(LCC)では、乗客がいない午後2~3時の間に5000ウォンの航空券も出ていると承知している」と付け加えた。
事実上、燃料代にもならない価格で乗客を輸送しているようなもの。赤字を甘受しながら運航しているのは、何をしてでも会社の命だけはつないでいこうとする足掻き。

◆ 世界航空業界、上半期だけで151兆の損失
ICAOによると、U字型で回復する場合、今年上半期の間、
欧州の民間航空業界は最大442億9000万ドルの損害を被ると予想。
アジア太平洋地域が398億2000万ドル、
北米145億6000万ドル、
中東114億5000万ドル、
南米71億8000万ドル、
アフリカ68億5000万ドル
の順で莫大な損失を甘受しなければならないと予想した。
新型コロナによる世界の民間航空業界の総被害額は1241億5000万ドルに達する。
ICAOはこれまで、2032年までに世界航空運送市場が毎年平均4.6%成長するだろうとしていた。

◆ 各国は死活をかけた国籍機救済…韓国だけ後手
このため、世界各国政府は航空業界に対する支援を惜しまないでいる。
米国は74兆ウォンを支援し、シンガポールは16兆5000億ウォン、フランスは60兆5000億ウォンを航空業の支援予算として計上した。さらにドイツは無制限の金融支援をし、これさえも足りないといわんばかりに税金の納付まで猶予した。
しかし、韓国が出した支援策は、格安航空会社に3000億ウォンの融資支援を行ったのがすべて。

◆ 労組、「どうか助けてほしい」訴え…労使政集まったが成果なし
大韓民国操縦士労働組合連盟と全国連合労働組合連盟の組合員は14日午前11時、青瓦台前の噴水台広場で「危機の航空産業、政府支援要求共同記者会見」を開いた。
彼らは「航空・空港産業は直接雇用8万人、関連従事者25万人余りに達する国家基幹産業」としながら「政府は海外事例を参考にして大々的な支援策を用意してほしい」と訴えた。

一方、経済社会労働委員会は14日、全国連合労組連盟の要請に基づき「新型コロナ危機克服航空産業労使政懇談会」を開いた。
政府からは国土交通部と雇用労働部、業界からは航空協会や空港公社などが出席した。
この日の懇談会は航空産業の困難を共有する水準にとどまった。
政府は具体的な計画などを出さず、今後困難を把握した後に支援策を講じるという立場を伝えた。
以上、
韓国の大手航空2社は、政府系の産業銀行が最大融資先であり、また国民年金が大株主で、政府の意向により株主権を行使している。
潰すわけにはいかず、経営危機のアシアナも身売りとなった。しかし購入した現代ボンボン一族も金銭の仲は悪く、想定外の新コロナによる打撃は、政府支援=産業銀行の融資に頼らざるを得ない状況。LCCは論外。
韓国の官民あげてのジャパンボイコットは、自国の航空業界に与えた打撃はそのまま新コロナに引き継がれ、容易に解決する経営問題ではない。

飛行機の多くは長期リース購入であり、リース料の支払いは確実に発生する。すでに無給休職体制に入っている航空会社も多い。

 


スクロール→

韓国の航空会社

大手2社

大韓航空 [KE | KAL]

アシアナ航空 [OZ | AAR]

LCC

ジンエアー [LJ | JNA]

エアプサン [BX | ABL]

チェジュ航空 [7C | JJA]

イースター航空 [ZE | ESR]

ティーウェイ航空 [TW | TWB]

エアソウル [RS | ASV]

 

エア・インチョン [KJ | IAH]

ユースカイ・エア

エア・プレミア

ハイ・エア [HGG]

フライ江原 [4V | FGW]

エアロK [RF | EOK]

 

 

 

ICAOの報告書

https://www.icao.int/sustainability/Pages/default.aspx

0418_02.jpg

[ 2020年4月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産