アイコン アップルの組立協力企業3社インドに投資拡大 台湾勢3社

米アップル主要サプライヤーの台湾企業3社は、インドでのアップル製品生産量拡大のため、インド政府の「PLIスキーム」製造推進計画に参加し、今後5年間でインドに約9億ドルの投資をする計画を立てていることが明らかになった。
この3社はフォックスコン(富士康/鴻海)、ペガトロン(和碩)、ウィストロン(緯創資通)となっている。
インド政府が今年導入した「PLIスキーム」とは、インドで製造されたスマートフォンなどの販売拡大を目指す企業に対し、売上高の増加分の4~6%の割合で補助金が今後5年間支払われる奨励金制度で、企業の輸出向け生産拠点をインドに移管する動きをさらに加速させるのを目的としている。

フォックスコンは約400億ルピー(約573億円)、
ペガトロンは約130億ルピー(約186億円)
ウィストロンも約120億ルピー(約171億円)
投資した。その大部分はiPhone生産規模拡張の計画に使われ、約1万人の雇用創出が予想されるという。
アップルは2017年からウィストロンのインド・バンガロールの現地部門を通じてインドで低コストのiPhoneモデルを組み立てている。

スポンサーリンク
 

フォックスコンも2019年から、同じくインドでiPhoneの組立開始、ウィストロンはその後、事業を拡大している。
世界的な調査会社カウンターポイント(Counterpoint Researcher)社は、「アップルが中国を超えるグローバル的な事業を展開するためには、インドが鍵を握っている」とし、「他の製造拠点に比べ、インドでは熟練労働者への支出コストが低く、そのうえ巨大な国内市場と輸出に大きな可能性がある」と指摘している。
9月アップルは、インドでオンラインのアップルストアをオープンし、また、2019年には金融センターのムンバイにアップルストアの第1号店をオープンさせている。
以上、

アップルが生産工場を中国からインドへ移動させることは無理、フォックスコンだけでも深セン市に巨大工場を構え80万人を雇用しており、そう簡単に移転できるものではない。
今回の3社の出資額も巨大組立工場をインドに建設する投資額でもない。

インドのスマホ市場は、サムスン電子から現在ではシャオミがシェア№1になっており、中・低価格帯が主。
経済発展とともに富裕層も増加しており、アップルもブランドの浸透策から、ゆくゆくはプレミアム価格帯へ販売主力を移行させるため、組立協力会社に進出させているもの。
市場が中国に匹敵するほど大きいだけにブランドを定着させたら、大成功することだろう。しかし、現状はまだ発展途上国、プレミアム価格帯の市場は小さい。
なお、6月の中印国境紛争で20人が死亡したインドでは、中国製スマホアプリの禁止措置が取られ、また、中国製品の一部の不買も生じており、ここでもまたサムスンが漁夫の利から首位奪還を果たす可能性が高い。


 

[ 2020年10月 2日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧