アイコン 11月の近畿圏の分譲マンション販売状況 7.9%増/不動産経済研究所

◎発売戸数は7.9%増の1,610戸。2ヶ月連続で前年同月を上回った。
◎戸当り価格は9ヶ月連続のアップ。契約率は69.3%で3ヶ月連続の70%割れ。

1、11月の発売戸数は1,610戸、前年同月(1,492戸)比7.9%増、前月(1,415戸)比13.8%増。
(2)契約率69.3%、前年同月(60.1%)比9.2ポイントのアップ、前月(58.0%)比11.3ポイントのアップ。
(3)1戸当り価格は4,449万円、1m2当り単価は69.6万円。

2、 前年同月比で戸当り価格は917万円(26.0%)のアップ、m2単価は6.8万円(10.8%)のアップ。
11月の1戸当り平均価格、1 ㎡当り単価は、4,449万円、69.6 万円。前年同月比は戸当り価格は9ヶ月連続のアップ。㎡単価は2ヶ月連続のアップ。2020年10月は4,901万円、73.1万円であったので、前月比総額では 452万円(9.2%)のダウン、㎡単価は3.5万円(4.8%)のダウン。2019年11月は3,532万円、62.8万円であったので、前年同月比総額では917万円(26.0%)のアップ、㎡単価は 6.8 万円(10.8%)のアップ。
前年同月比で戸当り価格は9ヶ月連続のアップ。m2単価は2ヶ月連続のアップ。

スポンサーリンク
 

3、11月の地域別平均価格、1 ㎡当りの分譲単価は以下のとおり。
大阪市部は5,386万円、90.5万円、
大阪府下は4,468 万円、62.1万円、
神戸市部は3,949万円、57.1万円、
兵庫県下は4,902万円、69.4万円、
京都市部は3,029 万円、80.6万円、
京都府下は3,689 万円、48.1万円、
奈良県は4,254 万円、57.5万円、
滋賀県は3,872 万円、56.1万円、
和歌山県は3,455 万円、46.7万円。

4、販売在庫数は3,229戸、前月末比161戸の増加('20年10月末3,068戸、'19年11月末2,174戸)。

5、即日完売物件(3物件20戸)
(1)ローレルコート茨木舟木町1期1・2次(大阪・茨木市 16戸 6,517万円 91.3万円 平均1倍 最高1倍)
(2)ジオ阪急水無瀬ハートスクエア10期2~4次(大阪・三島郡島本町 3戸 3,630万円 50.6万円 平均1倍 最高1倍)
(3)ジオ武庫川2期7次(兵庫・尼崎市 1戸 2,920万円 43.5万円 平均1倍 最高1倍)

6、11月末現在の継続販売在庫数は3,229戸で、2020 年10月末現在の3,068 戸に比べて 161戸の増加。

7、12月の発売戸数は1,800 戸程度の見込み(’19 年12月3,230 戸、’18 年12月2,760 戸であり、少なめ。

8、マンション市況の特徴
 神戸市部を除く全エリアで単価上昇。
 販売在庫は積み上がりつつあるものの、完成在庫は横ばいを維持。
以上、
. 11 月末現在の継続販売在庫数は 3,229 戸で、2020 年 10 月末現在の 3,068 戸に比べて 161 戸の増加。 9. 2020 年 12 月の発売戸数は 1,800 戸程度の見込みである(’19 年 12 月 3,230 戸、’18 年 12 月 2,760 戸、’17 年 12 月 2,259 戸、’16 年 12 月 1,975 戸)。

[ 2020年12月17日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧