アイコン 11月の建設受注額 民間も公共工事も増加 1.9%増の8890億円


日本建設業連合会が発表した11月の国内建設受注額は、前年同月比1.9%増の8890億円だった。

民間の製造業や公共工事の伸びが全体を押し上げた。

上期には新コロナ感染拡大の影響があったが、下期に大型案件が多く予定されており、通年では前年比増と見られている。

スポンサーリンク

全体の約7割を占める民間工事は0.5%増の6,990億円で、公共工事とともに増加した。

日建連は主要な建設会社95社が加盟している。

[ 2020年12月25日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧