アイコン 徐福さんもびっくり 老化細胞死滅の不老長寿薬開発に近づく/東大中西真教授ら

東大医科学研究所の中西真教授らの研究グループは、加齢に伴う体の衰えや病気などの原因の1つとされる「老化細胞」を死滅させることで、体の機能を改善させることにマウスを使った実験で成功したと米科学雑誌「サイエンス」で発表した。

加齢などにより分裂が止まった細胞は正常に働かなくなって、体の機能の低下や病気を引き起こすとされ「老化細胞」とも呼ばれている。
グループは、この「老化細胞」は、「GLS1」というたんぱく質が働かなくなると死滅することを突き止め、年を取ったマウスにこのたんぱく質の働きを止める薬を投与した。
結果、実際にマウスの「老化細胞」が死滅し、血糖値の異常や動脈硬化などの症状が改善することが確認できたという。

 

マウスがどれだけの時間、棒につかまっていられるかを調べる実験では、
▽若いマウスではおよそ200秒、
▽年を取ったマウスでは30秒程度だったが、
▽年をとったマウスに薬を投与すると100秒程度まで伸びたという。
中西教授は「加齢が原因で起こる健康の問題を一網打尽にして、健康な期間を延ばすことができる可能性がある。老化メカニズムは分かっていないことも多いため引き続き研究を進め、ヒトでの実用化を目指したい」としている。
以上、

徐福さんは秦の始皇帝から、陽が昇る国の不老長寿の霊薬を探して来いと命ぜられ、若い男女3000人を引き連れ陽が昇る国へ、到着したのは有明海を通り佐賀県の吉野ヶ里だった。そして水田を含む大規模環濠集落を作り、居心地よく居付いてしまった。徐福さんは帰るもことなく、今でも吉野ヶ里を見下ろす高台の徐福神社に祭られている。・・・紀元前200年前後のお話。

 

[ 2021年1月16日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧