アイコン 「感染拡大ではすぱっとオリンピック中止も」二階幹事長

東京五輪について、自民党の二階幹事長は、新型コロナウイルスの感染状況がより深刻になった場合には、大会を中止することも選択肢として考えざるをえないという認識を示した。
二階幹事長は、TBSのCS番組の収録で、東京オリンピック・パラリンピックについて「国民の同意をえて盛り上げていくことは、日本にとって大事なことであり、大きなチャンスだ。ぜひ成功させたいと思うが、諸準備や解決すべきテーマがあり、一つ一つ解決していくことが大事だ」と指摘した。
一方で、新型コロナウイルスの感染状況が、より深刻になった場合の対応を問われたのに対し、「その時の状況で判断せざるをえない。『これ以上、とても無理だ』ということであれば、すぱっとやめなければならない。感染症をまん延させたら、何のためのオリンピックか分からない」と述べ、中止することも選択肢として考えざるをえないという認識を示した。
以上、報道参照

感染拡大阻止を現在防疫を図れるのは、宣言・まん防・自治体の時短規制等であり、感染検査拡大でウイルスを封じ込める手法はまったく採用していない。
感染者が増えたらそれに連れ濃厚接触者が増加し、感染検査を増加せざるを得ない状況を繰り返している。それも病床しだいでは濃厚接触さえ身内以外はしていない。
宣言解除後、少なくなった時から改めて感染検査数を増加させ、封じ込めるべきだろうが、そんな考えは微塵もないようだ。

 

都知事は東京五輪を開催したくなかったのだろうか。
政治的駆け引きに没頭しすぎていたのだろうか。
都知事が新コロナ防疫に汗を流し一生懸命になれば、都民も防疫にさらに努力する。ヒト事のような記者会見では、新コロナ防疫疲れの都民の防疫開放の勢いには負けてしまう。メルケル独首相の涙の記者会見が思い出される。

特に日本の新コロナ感染源となっている東京都の知事と英国型が当初拡散した兵庫県の知事は感染検査を増やさず問題。
現在感染検査数の能力は全国で18万4千件(厚労省発表値)、実行しているのは抗原検査も入れても6万件台、第3波時より少なくなっており、能力だけの見せ掛けとなっている。

感染力が1.3~1.7倍強いとされる英国型変異株(N501Y)が急速に増加してきているというのに、感染者の過半数以上が自宅隔離となっている。家庭内感染が危惧される。N501Yはマスクをしての会話でさえ感染する。
また、N501Yは重症化率も高いとされ、病床がすぐいっぱいになる。これまで重症化率が低かった40~50代でも重症者が多く発生している。すでに大阪の重症者用ベッドはオーバーフローになっている。
看護師を24時間付けての施設隔離が必要ではないだろうか。それに施設隔離者には酸素濃度計測器と無線の非常ボタンを携帯させる必要がある。

[ 2021年4月15日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧